twitter Instagram
ビタミンA誘導体やレチノールがシミ・シワ・ニキビに良い理由

ビタミンA誘導体やレチノールがシミ・シワ・ニキビに良い理由

ビタミンA誘導体 レチノール

今回は、ビタミンA誘導体・レチノールを徹底解説!

今注目のビタミンA誘導体について詳しく見ていきましょう!

トヅカ
今、レチノールやビタミンA誘導体って流行ってますよね!

二宮先生
そうですね。色々な化粧品で見かけることも増えたかも知れません。

トヅカ
シワに効くんでしたっけ?でも、ネットで調べると肌の若返りに万能なんて表現も目にしますが・・・

二宮先生
実はいろんな効果が期待できるんですよ。詳しくわかりやすく説明しますね。

監修者
薬剤師・二宮
薬剤師・二宮
現役薬剤師として調剤薬局に勤務。過去には漢方薬生薬認定薬剤師、漢方アドバイザーの資格を活かし漢方薬局でも勤務。現在は化粧品成分検定1級合格を活かし、薬用化粧品の成分を中心に解説を行う。美容や健康に役立つ商品を成分からアドバイスすることが得意。

ビタミンA誘導体と、ビタミンAの違い

ビタミンA誘導体 ビタミンAの違い

ビタミンA誘導体とは、ビタミンA(レチノール)とよく似た構造をしていますが、効果の強さや働きなどが少し異なります。

ビタミンAよりも働きが強いものや、ビタミンAが貯留されやすい形になったものなどがあります。
具体的には酢酸レチノール、パルミチン酸レチノール、レチノイン酸(トレチノインやイソトレチノイン)、レチナールなどがビタミンA誘導体にあたります。

トヅカ
ビタミンCにもビタミンC誘導体ってありますね!

二宮先生
そうですね。誘導体というのは、もとの成分の構造を少しだけ変化させたものを指しています。もとの成分とは働きも少し、ないし大きく変わってきますよ。

レチノールとは何か

レチノールとは何か

レチノールとはビタミンAのことを指します。(ただし、ビタミンAは広義にはレチノール、レチナール、レチノイン酸などレチノイド類を広く指し、狭義にはレチノールのみを指します。)

現在、レチノールはシワ改善の薬用化粧品の有効成分として使用されています 。

レチノールは、酸性・酸素・光・熱に不安定ですので、レチノール化粧品を選ぶ際は、遮光性や空気が入らない工夫がなされていたりなどの、何らかの工夫がなされた商品を選びましょう。

トヅカ
じゃぁ、レチノール=ビタミンAと考えて大丈夫ですか?

二宮先生
そうですね。

トヅカ
じゃぁ、『シワ改善に純粋レチノール』ってうたっている薬用化粧品って、要するにビタミンAが効いてる、ってこと!?

二宮先生
そういうことですね。

 

【狭義】

ビタミンA レチノール
ビタミンA誘導体
レチナール
レチノイン酸(ex.トレチノイン、イソトレチノイン)
レチニルエステル(ex.酢酸レチノール、パルミチン酸レチノール)

【広義】

ビタミンA レチノール
レチナール(ex.トレチノイン、イソトレチノイン)
レチノイン酸
3-デヒドロレチノール
3-デヒドロレチナール
3-デヒドロレチノイン酸

 ビタミンA誘導体とレチノールにおける効果の強さ

効果の強さ 種類 医薬部外品の有効成分 化粧品の成分 塗り薬
トレチノイン(ビタミンA誘導体) 〇*
レチノール(ビタミンA)
酢酸レチノール(ビタミンA誘導体)
パルミチン酸レチノール(ビタミンA誘導体)

*日本においては既製品は販売されていません。

レチノールと、トレチノイン、酢酸レチノール、パルミチン酸レチノールに関して、トレチノインが一番効果が強く、レチノールの100倍と言われています。しかし、トチノインが配合された製品は日本では現在発売されていないので、一部の皮膚科でオリジナルに調合され販売されています。海外ではトレチノインの含有された塗り薬が販売されています。レチノールや酢酸レチノール、パルミチン酸レチノールは化粧品に含まれていることがありますね。

トヅカ
ビタミンA誘導体って効果の強いものと弱いものがあるのですね!

二宮先生
そうです。今回紹介した中ではトレチノインというビタミンA誘導体が一番効果が強いですね。

 

ビタミンA誘導体とレチノールの効果や働き

トレチノインや酢酸レチノール、パルミチン酸レチノールといったビタミンA誘導体やレチノール(ビタミンA)には表皮ターンオーバーの促進、皮脂腺の働きを抑制、真皮コラーゲンの分泌、表皮ヒアルロン酸の増殖、真皮乳頭層における血管新生といったはたらきがあります。

その結果、しみ、シワ、ニキビに効果があります。とくにその作用が強い『トレチノイン』が海外では医薬品として販売されています。

働き
表皮ターンオーバーの促進 シミの排出に
皮脂腺の働きを抑制 ニキビに
真皮コラーゲンの分泌 たるみに
表皮ヒアルロン酸の増殖 シワに
真皮乳頭層における血管新生
傷やあれ肌の修復に

トヅカ
シミ・しわ・ニキビに効くなんて万能じゃないですか!

二宮先生
すごいですよね。ですが、日本だと一部の皮膚科でないとトレチノインの塗り薬が買えないのが残念です。

トヅカ
でもトレチノインでなくても、レチノールの入った薬用化粧品でも期待できるんですよね!?

二宮先生
はいそうですね、基本的にはシワの改善に使ってくださいね。
トレチノインよりは弱いながらも、上記の効果は期待できますね。

ビタミンA誘導体やレチノールの副作用

ビタミンA誘導体やレチノールには『レチノイド反応』という肌への刺激が報告されています。

トレチノインでは起こりやすく、レチノールや酢酸レチノール、パルミチン酸レチノールでは頻繁ではありません。

このレチノイド反応は皮膚の刺激、炎症、かゆみなどが塗布をし始めた時期に出ます。だんだんとこの刺激は減っていきます。

トヅカ
トレチノインで起こりやすくて、レチノールでは起こりにくいのですか?

二宮先生
そうですね。皮膚科でトレチノインをもらうときはよく注意を聞きましょう。

ビタミンA誘導体やレチノールって、飲んでも肌に効くの?

ビタミンA誘導体やビタミンAのサプリメントや医薬品は確かに売っていますね。

ただしあまりメジャーではありませんが。それというのもビタミンAは妊娠を考えている女性や妊婦さんが過剰に摂取してしまうと胎児の催奇形性がありますので注意が必要なのです。

ビタミンA誘導体のイソトレチノインという成分が入った医薬品が海外では難治性のニキビ用の飲み薬として販売されていますがこういった危険性の面から日本では販売されていません。

トヅカ
じゃぁ、基本的にはビタミンA誘導体やレチノールはお肌には塗る成分と考えていい?

二宮先生
そうですね。積極的にサプリメントや薬を飲むのは医師と相談してからにしましょうね。

食品中のレチノール

レチノールは食品中だと鶏や豚のレバーや、ヤツメウナギなどの多く含まれています。

レチノールは目や皮膚の健康に必要なビタミンです。途上国などの栄養状態が悪い国だとレチノールの不足で目の健康を害することがあります。

基本的に健康な人が不足することは起こりにくいのですが、お酒をたくさん飲む人は体に蓄えられたビタミンAが消耗されやすいので中止しましょう。

トヅカ
日本人ではビタミンA不足は起こりにくいってこと?

二宮先生
偏食もなく健康体であれば起こりにくいですね

〜教えてLiruu〜ビタミンA誘導体に関する Q&A

アダパレン(ディフェリン)が肌にビタミンAのように働くと聞きましたが、そうなんですか?

二宮先生
アダパレン(ディフェリン)は、病院で処方される、ニキビ用の塗り薬です。これは上記のビタミンA誘導体やレチノールと同じような働きを持ちます。日本においては海外のようにニキビにトレチノインを使わず、アダパレンを使いますね。

ビタミンA誘導体って、エイジングケアの成分なのですか?若くても使っていいですか?

二宮先生
シワやシミといったエイジングのサインがある人に確かにおすすめですが、若い方の脂性肌にも期待できます。年齢を問わず使用できる成分です。

純粋レチノールって、要するにレチノールのことですよね?

二宮先生
そうです。レチノールのことです。ただし酢酸レチノールやパルミチン酸レチノールとは違います。ただの『レチノール』です。

トヅカ
トヅカ
Liruu編集部
日本化粧品検定1級・コスメコンシェルジュ

アトピー性皮膚炎のこの身を生かしていろいろ試しています。好きな動物はクマ。
関連するお悩み・症状

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る