twitter Instagram
HOME「スキンケア」の記事一覧レチノールとビタミンA誘導体はシミ・シワ・ニキビに効果的?

レチノールとビタミンA誘導体はシミ・シワ・ニキビに効果的?

ビタミンA誘導体 レチノール

化粧水やクリームによく含まれるビタミンA誘導体やレチノール(ビタミンA)。

通販やネットでは「ビタミンA誘導体・レチノールはエイジングケアに万能」といった表現も目にしますが、シミ、シワなどへの美肌効果は実際どうなのでしょうか?

ビタミンA誘導体・レチノールの違いや効果、特徴について詳しく見ていきましょう!

監修者
薬剤師・二宮
薬剤師・二宮
薬剤師、漢方薬生薬認定薬剤師、漢方アドバイザーの資格を活かし、調剤薬局や漢方薬局での勤務経験から、医薬品や漢方薬を詳しくわかりやすく解説。現在は化粧品成分検定1級・化粧品成分上級スペシャリストとしても活動し、薬用化粧品の成分を中心に解説を行う。美容や健康に役立つ商品を成分からアドバイスすることが得意。

レチノール(ビタミンA)とビタミンA誘導体って? 違いと効果

レチノールとは何か

エイジングケア系のクリームには、『レチノール』や『ビタミンA誘導体』が含まれていることが多いです。

そもそもレチノールとはビタミンAのこと。シワ改善の有効成分でありながら、お肌のシミやニキビにも働きかけてくれる成分です。

一方、ビタミンA誘導体とは、レチノール(ビタミンA)の構造を変えたもの。『ビタミンA誘導体』にすることでビタミンAの効果を強めたり、ビタミンAを貯留しやすくしています。

ビタミンA誘導体の成分には、いくつか種類があるので確認しておきましょう。
ビタミンA誘導体にはどんな種類がある?

ビタミンAとビタミンA誘導体の種類

・ビタミンAはレチノールだけ
・ビタミンA誘導体にはさまざまな種類がある

レチノール(ビタミンA)とビタミンA誘導体の効果は?

ビタミンA(レチノール)とビタミンA誘導体は、お顔・目元のシワやたるみだけでなく、シミ、ニキビにも効果が期待できます 。

効果
シワ改善
たるみ改善
シミの排出
ニキビの抑制
傷やあれ肌の修復

有効成分として認められているのはシワ(乾燥・紫外線ダメージ・加齢などによる)に対する効果ですが、肌のターンオーバーを促進したり、皮脂腺の働きを抑制する働きもあります。

レチノールやビタミンA誘導体配合の薬用美容液・クリームはエイジングケアにもよく使われますが、皮脂腺の働きを抑制する働きがあるので、毛穴が開きがちな若い人の脂性肌にも効果が期待できます。

効果が強いのはトレチノイン! 種類別効果の強さ

ビタミンA誘導体の種類と効果
レチノール(ビタミンA)、ビタミンA誘導体は成分の種類によって、強さが変わってきます。

効果が強いのはトレチノインというビタミンA誘導体の成分。レチノール(ビタミンA)の50~100倍もの効果があると言われており、米国ではFDA(食品医薬品局)から肌のシワ・シミ・ニキビの治療医薬品として認可されているなど、海外では積極的に利用されている印象です。

ただ、現在日本では塗布するトレチノインは市販されていません。購入する場合は美容皮膚科に行く必要があり、一部の皮膚科では、トレチノインをオリジナルに調合したものが処方されています。

ドラッグストアなど市販で買う場合は、医薬部外品の有効成分である『レチノール(ビタミンA)』が配合された化粧水やクリームがおすすめです。レチノールは、酸性・酸素・光・熱に不安定な成分。遮光性や空気が入らないといった何らかの工夫がなされた商品を選びましょう。

純粋レチノールとレチノール原液

・化粧品によっては、『純粋レチノール』、『レチノール原液』と表記されている
・純粋レチノールもレチノール原液も『レチノール』と同じ
・有効成分なので『酢酸レチノール』『パルミチン酸レチノール』より効果的

副作用『レチノイド反応』とは?

ビタミンA誘導体やレチノールには、副作用として『レチノイド反応』が報告されています。これは、塗布をし始めた時期皮膚の炎症やかゆみといった刺激が生じる反応のことです。

市販の化粧品では比較的起こりにくいですが、皮膚科で処方されることのある『トレチノイン』の方が、お肌に副作用が起こる可能性は高まります。皮膚科でもらうときには、よく使い方と注意を聞きましょう。

レチノール(ビタミンA)・ビタミンA誘導体は、飲んでも肌に効く?

サプリ 飲む 女性

美容液やクリームではよくレチノール(ビタミンA)やビタミンA誘導体を見かけますが、サプリメント・医薬品はあまりメジャーではありません。

実は、レチノール(ビタミンA)は、妊娠を考えている女性や妊婦さんが過剰摂取すると胎児に奇形が起こる危険性(催奇形性)があります。

過剰摂取による危険性を考慮して、日本では販売されていません

海外では、ニキビ用の飲み薬としてビタミンA誘導体(イソトレチノイン)が入った医薬品が販売されています。海外製品は国産品と比べ含有量が多いこともあるので、過剰摂取にならないよう十分気をつけてください

レチノール(ビタミンA)を食品から摂取するには?

レチノール(ビタミンA)は、シミやシワの改善など以外にも目や皮膚の健康に必要なビタミン。鶏や豚のレバー、ヤツメウナギなどに多く含まれています。

栄養状態が悪い途上国では、レチノール不足で目の健康を害する例も報告されています。偏食でなく健康体なら問題ありませんが、お酒をよく飲む人はビタミンAが消耗されやすいので注意しましょう。

まとめ

エイジングケアだけでなく、美肌全般に効果的なレチノール(ビタミンA)。効果や強さ、ポイントをおさらいしましょう。

レチノール・ビタミンA誘導体のおさらい

・レチノール・ビタミンA誘導体はシワやシミ、ニキビにアプローチ
・ビタミンAはレチノール、ビタミンA誘導体にはさまざまな種類がある
・効果の高いトレチノインの塗布薬は、日本では市販されていない
・ビタミンAのサプリは過剰摂取しない

スキンケアにレチノールやビタミンA誘導体化粧品を取り入れて、透明感溢れる美しいお肌をキープしてください!

文/編集部トヅカ

参照
・宇山侊男他.『化粧品成分ガイド 第6版
・鈴木一成他『化粧品成分用語事典2012

・資生堂.有効成分レチノールによるしわを改善する効能効果の承認を日本で初めて取得
・厚生労働省.脂溶性ビタミン
・The New England Journal of Medicine.Restoration of Collagen Formation in Photodamaged Human Skin by Tretinoin (Retinoic Acid)
・Kafi Rほか.Improvement of Naturally Aged Skin With Vitamin A (Retinol)

関連するお悩み・症状

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る