twitter Instagram
『飲む日焼け止め』薬局で買える市販薬おすすめ30選!薬剤師が徹底比較

『飲む日焼け止め』薬局で買える市販薬おすすめ30選!薬剤師が徹底比較

飲むだけで肌の日焼けダメージをケアしてくれる「飲む日焼け止め」をランキング形式で紹介します。

今回のランキングでは薬局で買える市販薬に絞り、薬剤師監修のもとシミを抑える効果的な成分の種類と配合量で点数をつけました。

ナオ
今話題の『飲む日焼け止め』ですが、いろいろな種類があるでのどれがいいのか迷ってしまいます。そこで今回は薬剤師の先生と調査を行い、紫外線ケアに効果的な成分の種類や配合量から本当にいい商品をピックアップしました。

監修者
薬剤師・二宮
薬剤師・二宮
現役薬剤師として調剤薬局に勤務。過去には漢方薬生薬認定薬剤師、漢方アドバイザーの資格を活かし漢方薬局でも勤務。現在は化粧品成分検定1級合格を活かし、薬用化粧品の成分を中心に解説を行う。美容や健康に役立つ商品を成分からアドバイスすることが得意。

飲む日焼け止めってなに?

飲む日焼け止め とは

ナオ
今回は現役薬剤師・二宮先生に飲む日焼け止めについて教えていただきました!

二宮先生
よろしくお願いします。

ナオ
先生に早速質問です!飲む日焼け止めを飲んでいれば『塗る日焼け止め』は必要ないのでしょうか?

二宮先生
いいえ、やはり紫外線をしっかり防ぐためには一般的な日焼け止めを塗ることは必要不可欠です。ただしより効果的なUVケアをするために、補助的に飲む日焼け止めを使用している人が急増していますね。

ナオ
なるほど、塗る日焼け止めと飲む日焼け止めを併用することが大切なんですね!

ところで飲む日焼け止めに配合されている成分にはどのようなものがあるのでしょうか?

二宮先生
飲む日焼け止めのブームはヨーロッパやアメリカから始まりました。海外の飲む日焼け止めに配合されている成分『ニュートロックスサン』はグレープフルーツとローズマリーエキスの混合物、『フェーンブロック』という成分はポリフェニル・ロイコトモスというシダ植物のエキスです。

どちらも高い抗酸化作用があるのですが、なぜ日焼けに効果的なのかについて詳しいことはまだわかっていません。

ナオ
海外製品の多くは、なぜ効果があるのかがまだわかっていないんですね…。

では日本で購入できる飲む日焼け止めにはどのようなものがあるのでしょうか?

二宮先生
最近、日本でも『フェーンブロック』が配合されたサプリメントが発売されました。ですが日本には日焼けのシミに効く医薬品(OTC*)もあります。サプリメントではなく、効果がしっかり確認されている医薬品で紫外線ケアをするのもいい方法ではないでしょうか?

  • ※OTC…OverTheCounterの略。処方箋がなくても薬局などで購入できるが、購入時に薬剤師または登録販売者からの説明が必要になるもの。

お薬版・飲む日焼け止めの効果と仕組み

飲む日焼け止め 仕組み 効果

ナオ
紫外線を防ぐためには、外側から肌守る必要があると思うのですが、内側から取り入れた成分はどのように日焼け止めの効果を発揮するのでしょうか?

紫外線から日焼けを抑えるメカニズム

二宮先生
『飲む日焼け止め』というと誤解されるかもしれませんが、今回紹介する医薬品は日焼けによる『シミの生成を防ぐ効果』と『できてしまったシミの排出を促す効果』が期待できるものです。『飲む美白』という表現の方が適切ですね。

ナオ
『飲む美白』ですか?それはとても魅力的ですね!医薬品の飲む日焼け止めにはどのような成分が配合されているのでしょうか?

二宮先生
シミの原因となるメラニンの生成を抑える成分としては『L-システイン』『アスコルビン酸(ビタミンC)』などが代表的です。

さらにお肌の新陳代謝を高め、メラニンを排出せる成分として『ビタミンB2』『ビタミンE』『パントテン酸』『ナイアシンアミド』なども配合されています。

ナオ
海外の飲む日焼け止めサプリメントのように『抗酸化作用がある成分が紫外線ケアに効果的』という話を聞いたことがありますが、本当なのでしょうか?

二宮先生
そうですね、紫外線が肌に当たると肌の中で活性酸素が発生します。この活性酸素がお肌のシミやしわといった光老化の原因の1つと言われています。

現在、アスコルビン酸(ビタミンC)やカロテン、アスタキサンチンといった多くの抗酸化物質が『光老化に効果的なのでは?』と研究が盛んに行われています。

期待できる効果はどのくらい?

ナオ
飲む日焼け止めですが、実際にはどのくらいで効果が期待できるのでしょうか?

二宮先生
商品にもよりますが、6週間程度が目安になります。肌の生まれ変わりのサイクルが6週間程度と言われていますので、まずはその期間飲み続けてみるといいですね。

飲む日焼け止めの選び方

飲む日焼け止め 選び方

ナオ
飲む日焼け止めを選ぶときにチェックするべきポイントはありますか?

二宮先生
配合されている成分の種類に注目しましょう。アスコルビン酸(ビタミンC)だけ、というような単一成分のものではなく、複数の有効成分がバランスよく含有されている商品がいいですね。

特に『L-システイン』と『アスコルビン酸(ビタミンC)』は外せないおすすめの成分ですよ。

飲む日焼け止めに含まれるシミを抑える効果的な成分

飲む日焼け止め 成分

美白効果のある成分の主なメカニズムには以下の作用があります。

・ターンオーバー促進作用(お肌の代謝促進作用)
・抗酸化作用
・チロシナーゼ活性阻害作用
・チロシナーゼ生成阻害作用
・メラニン還元作用
・メラノソーム転送阻害作用

それぞれの成分にどの作用があるか、見ていきましょう。

L-システイン

L-システインはターンオーバー促進作用、抗酸化作用に加え、メラニンを作り出す酵素「チロシナーゼ」の活性阻害作用・生成阻害作用のあるアミノ酸です。シミ・そばかすの治療薬として使用されています。

天然にも存在しており、小麦や大豆といった食品からも摂取することが可能です。また体の中でも合成することができる安心な成分です。肌ケアに必要な量のL-システインを日々の食事だけで摂取することは難しいため、医薬品(OTC)やサプリメントで上手に補いましょう。

ビタミンC(アスコルビン酸として)

ビタミンCはチロシナーゼ活性阻害作用、メラニン還元作用がある成分です。またお肌の弾力を支えるコラーゲン生成にもかかわっているため、紫外線による光老化にも効果が期待できます。

ビタミンCは光や熱、酸素に触れると徐々にその効果を失ってしまいます。遮光してある容器(茶褐色の瓶や箱入りの製品)、または個包装のものを選びましょう。購入後は直射日光が当たらない涼しい場所で保管し、開封後は早めに飲み切ることをおすすめします。

ほかにもこんな補助成分にも注目

二宮先生
L-システイン、ビタミンC以外にもオススメの成分を紹介します

ニコチン酸アミド

ニコチン酸アミドは別名、ナイアシンアミド、ニコチンアミド、ビタミンB3とも呼ばれている水溶性ビタミンで、お肌の栄養剤、サプリメントとして古くから親しまれている成分です。

ニコチン酸アミドには、メラニンのメラノソーム転送阻害作用があります。

シミのもとであるメラニンは、メラノサイトというシミの工場で作られた後、『メラノソーム』という袋に詰め込まれ、表皮細胞に手渡されて拡散しシミとなります。ニコチン酸アミドはこのシミの入った袋『メラノソーム』が表皮細胞に拡散されるのを防いでくれます。

実験ではその抑制は35〜68%の割合だったとあります。

ビタミンE

ビタミンEは別名『トコフェロール』という脂溶性ビタミンです。

ビタミンEは小麦胚芽やアーモンド、ヘーゼルナッツやピーナッツなどに豊富に含まれています。抗酸化作用や血行促進作用があり、アンチエイジングや健康増進の分野で注目されています。

スキンケアにも使用される成分で、化粧品では『トコフェロール』、医薬部外品では『dl-α-トコフェロール』と表示されます。また『酢酸トコフェロール』や『ニコチン酸トコフェロール』はビタミンEの誘導体です。

ビタミンB2(リボフラビン)

ビタミンB2はリボフラビンとも呼ばれる肌荒れに効果が期待できる成分です。

皮膚・粘膜を保護する働きがあり、ビタミンB2が不足すると口角炎、口内炎、口唇の腫れ、にきびの原因となることもあります。

ちなみにビタミン剤を飲んでお小水が黄色くなるのは、このビタミンB2の影響です。サプリメントとして内服できるだけでなく、乳液、ハンドクリームなどのスキンケアにも配合されています。

ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)

ビタミンB6はピリドキシンとも呼ばれる肌荒れやニキビに効果が期待できる成分です。

医薬品やサプリメント、化粧品にはピリドキシン塩酸塩の形で配合されています。また体内ではピリドキサールリン酸という誘導体の形になり活性化します。ビタミンB6が不足すると、ビタミンB2と同じように粘膜が弱くなり、口内炎、口唇の腫れ、脂漏性湿疹、ニキビなどが生じることがあります。

パントテン酸カルシウム

パントテン酸はビタミンB5のことです。医薬品やサプリメント、化粧品にはパントテン酸カルシウムの形で配合されています。

体内でさまざまな酵素の作用にかかわっており、新陳代謝を高める働きがあります。パントテン酸が不足すると皮膚や毛髪にダメージが現れることもあります。美白効果の高いビタミンCの働きをサポートする効果もあるため、ビタミンCと一緒に配合されているケースが多いです。

【薬局で買える】飲む日焼け止めおすすめ30選【市販薬】編

飲む日焼け止め おすすめ ランキング

ナオ
今回は薬局で購入できる医薬品(OTC)の飲む日焼け止め30商品でランキングを作成しました。先生、飲む日焼け止めの評価ポイントはなんでしょうか?

二宮先生
ここでは、L-システインの配合量、アスコルビン酸の配合量、その他の美白補助成分の種類という3項目に着目しました。

①L-システインの配合量

『L-システイン』の含有量が多いものを上位としました。

②アスコルビン酸の配合量

L-システイン配合量が同量の場合は、『アスコルビン酸』の含有量が多いものを上位としました。

③その他の美白補助成分の種類

L-システイン・アスコルビン酸の配合量が同量の場合は、肌の代謝を整えることでシミの排出を促すビタミン類など、美白効果をサポートする成分の種類が多いものを上位としました。

これら3つの採点基準を元にランキングを作成した結果がこちらです!

※監修者は成分の監修のみを行っており、採点基準に基づいた商品の選定は全てLiruu編集部で行っております。

順位 商品名 L-システイン配合量 アスコルビン酸
配合量
その他
美白補助成分
1位 トランシーノ ホワイトCクリア

トランシーノ ホワイトCクリア

240mg 1,000mg 4種類
2位 ビボナールホワイト

ビボナールホワイト

240㎎ 1,000㎎ 3種類
 2位 エバレッシュホワイトEXⅡ

エバレッシュホワイトEXⅡ

240㎎ 1,000㎎ 3種類
 2位 サンベルサーホワイト

サンベルサーホワイト

240㎎ 1,000㎎ 3種類
 2位 エバユースホワイトEXⅡ

エバユースホワイトEXⅡ

240㎎ 1,000㎎ 3種類
2位 ホワイトCWプラス

ホワイトCWプラス

240㎎ 1,000㎎ 3種類
2位

2位 ネオビタホワイトCプラス「クニヒロ」ネオビタホワイトCプラス「クニヒロ」

240㎎ 1,000㎎ 3種類
2位

フェミールホワイトNKB

フェミールホワイトNKB

240㎎ 1,000㎎ 3種類
2位

ミルセリンホワイトNKBミルセリンホワイトNKB

240㎎ 1,000㎎ 3種類
3位

シナール イクシシナール イクシ

240㎎ 1,000㎎ 1種類
3位

シナールLホワイト2

シナールLホワイト2

240㎎ 1,000㎎ 1種類
4位

ネオビタホワイトプラス「クニヒロ」

ネオビタホワイトプラス「クニヒロ」

240㎎ 600㎎ 2種類
4位

ハクビホワイトCハクビホワイトC

240㎎ 600㎎ 2種類
5位

チュエベルホワイトCプラスチュエベルホワイトCプラス

240㎎ 600㎎ 1種類
6位

ジーロップCホワイトプラスジーロップCホワイトプラス

240㎎ 500㎎ 1種類
6位

ネージュホワイトプラス

ネージュホワイトプラス

240㎎ 500㎎ 1種類
6位

ラセージュホワイトCプラスラセージュホワイトCプラス

240㎎ 500㎎ 1種類
7位

システィナCシスティナC

240㎎ 300㎎ 2種類
 8位 DHC エルシスホワイト240

DHC エルシスホワイト240

240㎎ 300㎎ 1種類
 8位 ピュアプラスホワイト

ピュアプラスホワイト

240㎎ 300㎎ 1種類
9位 DHC シスビタホワイトCDHC シスビタホワイトC 160㎎ 1,000㎎ 4種類
 10位 ビタトレールホワイト

ビタトレールホワイト

160㎎ 500㎎ 2種類
 11位 タウロミンホワイト

タウロミンホワイト

150㎎ 300㎎ 1種類
 12位 ビタゴールドEC顆粒

ビタゴールドEC顆粒

2,000㎎ 4種類

13位

フェミールEC顆粒フェミールEC顆粒

2,000㎎ 3種類

14位

ビタアルトC錠2000ビタアルトC錠2000

1,400㎎ 2種類
14位 ビタオーダーC錠KK

ビタオーダーC錠KK

1,400㎎ 2種類

15位

アポスティーEC+BアポスティーEC+B

500㎎ 4種類

【1位】トランシーノ ホワイトCクリア

トランシーノホワイトCクリア

L-システイン配合量 アスコルビン酸配合量 その他美白補助成分
240mg 1,000mg 4種類

トランシーノ ホワイトCクリアの特徴

・L-システイン 240mg配合
・アスコルビン酸 1,000mg配合
・ニコチン酸アミドなど、その他の美白補助成分を4種類配合

おすすめポイント

1位に選ばれたのはトランシーノ ホワイトCクリア!

L-システイン240㎎、アスコルビン酸1,000㎎と、2つの成分がしっかりと配合されていることに加え、メラニンの拡散を防ぐニコチン酸アミドが60㎎配合されています。その他にもお肌の代謝を整える3種のビタミンも配合。メラニンを作らせない・広げない・排出させる、というトリプルアタックができるとても優秀な商品です。

1日の摂取量の目安は、成人(15歳以上)で2錠/2回、7歳以上15歳未満で1錠/2回。1日2回の摂取で必要な美容成分が補えることも魅力ですね!

商品情報

価格(税抜) 1,600円/2,600円
内容量 60錠/120錠
美白関連成分 L-システイン、アスコルビン酸(ビタミンC)
美白補助成分 ニコチン酸アミド(ビタミンB3)、コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)、リボフラビン(ビタミンB2)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

【2位】ビボナールホワイト

ビボナールホワイト

L-システイン配合量 アスコルビン酸配合量 その他美白補助成分
240㎎ 1,000㎎ 3種類

ビボナールホワイトの特徴

・L-システイン 240mg配合
・アスコルビン酸 1,000mg配合
・ビタミンEなど、その他の美白補助成分を3種類配合

おすすめポイント

2位は同点で9商品あります。コスパが良い順番で紹介します。

ビボナールホワイトは、L-システイン240㎎とアスコルビン酸1,000㎎、肌の代謝を整える3種のビタミンが配合されています。1日の摂取量の目安は、15歳以上で2錠/3回、7歳以上15歳未満で1錠/3回、食前または食後の服用がおすすめです。リーズナブルな価格が魅力ですね。

商品情報

価格(税抜) 1,843円
内容量 210錠
美白関連成分 L-システイン、アスコルビン酸
美白補助成分 コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)、リボフラビン(ビタミンB2)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

【2位】エバレッシュホワイトEXⅡ

エバレッシュホワイトEXⅡ

L-システイン配合量 アスコルビン酸配合量 その他美白補助成分
240㎎ 1,000㎎ 3種類

エバレッシュホワイトEXⅡの特徴

・L-システイン 240mg配合
・アスコルビン酸 1,000mg配合
・ビタミンEなど、その他の美白補助成分を3種類配合

おすすめポイント

エバレッシュホワイトEXⅡは、ドラッグストア・マツモトキヨシのプライベートブランドから発売されている商品です。

L-システイン240㎎、アスコルビン酸1,000㎎と2つの成分が配合されおり、さらにお肌の代謝を整える3種のビタミンも配合されています。1日の摂取量の目安は、15歳以上で3錠/2回、7歳以上15歳未満で1錠/2回。朝晩の服用がおすすめです。

マツモトキヨシの店舗、またはマツモトキヨシ公式オンラインショップで購入が可能です。

商品情報

価格(税抜) 1,885円/2,667円
内容量 180錠/270錠
美白関連成分 L-システイン、アスコルビン酸
美白補助成分 コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)、リボフラビン(ビタミンB2)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

【2位】サンベルサーホワイト

サンベルサーホワイト

L-システイン配合量 アスコルビン酸配合量 その他美白補助成分
240㎎ 1,000㎎ 3種類

サンベルサーホワイトの特徴

・L-システイン 240mg配合
・アスコルビン酸 1,000mg配合
・ビタミンEなど、その他の美白補助成分を3種類配合

おすすめポイント

サンベルサーホワイトは、全国のドラッグストアや調剤薬局のグループが協力して開発したブランド「ハピコム」から発売されている商品です。

L-システイン240㎎とアスコルビン酸1,000㎎、さらに3種のビタミンが配合されており、キュアティホワイトNKBと同じ処方です。全国のさまざまなドラッグストアで購入できるところが嬉しいですね。

1日の摂取量は、15歳以上で2錠/3回、7歳以上15歳未満で1錠/3回です。

商品情報

価格(税抜) 1,888円
内容量 180錠
美白関連成分 L-システイン、アスコルビン酸
美白補助成分 コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)、リボフラビン(ビタミンB2)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

【2位】エバユースホワイトEX

エバユースホワイトEXⅡ

L-システイン配合量 アスコルビン酸配合量 その他美白補助成分
240㎎ 1,000㎎ 3種類

エバユースホワイトEXⅡの特徴

・L-システイン 240mg配合
・アスコルビン酸 1,000mg配合
・ビタミンEなど、その他の美白補助成分を3種類配合

おすすめポイント

エバユースホワイトEXⅡにはL-システイン240㎎、アスコルビン酸1,000㎎と2つの成分が配合されています。さらにお肌の代謝を整える3種のビタミンをしっかり配合配合されており、エバレッシュホワイトEXⅡと同じ処方ですね。

1日の摂取量の目安は、15歳以上で3錠/2回、7歳以上15歳未満で1錠/2回。1回に服用する粒数は3粒と多めですが、1日2回でよいので続けやすいですね!全国に展開しているドラッグストアのココカラファインなどで購入できます。

商品情報

価格(税抜) 1,980円/2,680円
内容量 180錠/270錠
美白関連成分 L-システイン、アスコルビン酸
美白補助成分 コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)、リボフラビン(ビタミンB2)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

【2位】ホワイトCWプラス

ホワイトCWプラス

L-システイン配合量 アスコルビン酸配合量 その他美白補助成分
240㎎ 1,000㎎ 3種類

ホワイトCWプラスの特徴

・L-システイン 240mg配合
・アスコルビン酸 1,000mg配合
・ビタミンEなど、その他の美白補助成分を3種類配合

おすすめポイント

ホワイトCWプラスは、L-システイン240㎎とアスコルビン酸1,000㎎に加えて、肌の代謝を整える3種のビタミンが配合されています。1日の摂取量は、15歳以上で3錠/2回、7歳以上15歳未満で1錠/2回です。朝夕食後の服用がおすすめです。

商品情報

価格(税抜) 3,120円
内容量 240錠
美白関連成分 L-システイン、アスコルビン酸
美白補助成分 コハク酸d-α-トコフェロール(ビタミンEのコハク酸エステル)、リボフラビン(ビタミンB2)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

【2位】ネオビタホワイトCプラス「クニヒロ」

ネオビタホワイトCプラス「クニヒロ」

L-システイン配合量 アスコルビン酸配合量 その他美白補助成分
240㎎

1,000㎎

3種類

ネオビタホワイトCプラス「クニヒロ」の特徴

・L-システイン 240mg配合
・アスコルビン酸 1,000mg配合
・ビタミンEなど、その他の美白補助成分を3種類配合

おすすめポイント

ネオビタホワイトCプラス「クニヒロ」は、L-システイン240㎎とアスコルビン酸1,000㎎、肌の代謝を整える3種のビタミンが配合されています。1日の摂取量は、15歳以上で3錠/2回、7歳以上15歳未満で1錠/2回です。朝夕食後の服用がおすすめです。

商品情報

価格(税抜) 2,600円/3,120円
内容量 180錠/240錠
美白関連成分 L-システイン、アスコルビン酸
美白補助成分 コハク酸d-α-トコフェロール(ビタミンEのコハク酸エステル)、リボフラビン(ビタミンB2)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

【2位】フェミールホワイトNKB

フェミールホワイトNKB

L-システイン配合量 アスコルビン酸配合量 その他美白補助成分
240㎎ 1,000㎎ 3種類

フェミールホワイトNKBの特徴

・L-システイン 240mg配合
・アスコルビン酸 1,000mg配合
・ビタミンEなど、その他の美白補助成分を3種類配合

おすすめポイント

フェミールホワイトNKBは、全国のドラッグストアで取り扱いのある商品です。

L-システイン240㎎とアスコルビン酸1,000㎎、さらに3種のビタミンを配合でしており、キュアティホワイトNKBと同じ処方ですね。1日の摂取量は、15歳以上で2錠/3回、7歳以上15歳未満で1錠/3回です。

商品情報

価格(税抜) 4,000円(参考価格)
内容量 180錠
美白関連成分 L-システイン、アスコルビン酸
美白補助成分 コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)、リボフラビン(ビタミンB2)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

【2位】ミルセリンホワイトNKB

ミルセリンホワイトNKB

L-システイン配合量 アスコルビン酸配合量 その他美白補助成分
240㎎ 1,000㎎ 3種類

ミルセリンホワイトNKBの特徴

・L-システイン 240mg配合
・アスコルビン酸 1,000mg配合
・ビタミンEなど、その他の美白補助成分を3種類配合

おすすめポイント

ミルセリンホワイトNKBは、L-システイン240㎎、アスコルビン酸1,000㎎と2つの成分をしっかりと配合。さらにお肌の代謝を整える3種のビタミンも配合されています。キュアティホワイトNKBと同じ処方ですね。

1日の摂取量の目安は、15歳以上で2錠/3回、7歳以上15歳未満で1錠/3回。女性でも飲みやすい小粒の錠剤が嬉しいですね。

商品情報

価格(税抜) 4,320円
内容量 180錠
美白関連成分 L-システイン、アスコルビン酸
美白補助成分 コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)、リボフラビン(ビタミンB2)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

【3位】シナール イクシ

シナール イクシ

L-システイン配合量 アスコルビン酸配合量 その他美白補助成分
240㎎ 1,000㎎ 1種類

シナール イクシの特徴

・L-システイン 240mg配合
・アスコルビン酸 1,000mg配合
・ビタミンB5配合

シナール イクシには、L-システイン240㎎とアスコルビン酸1,000㎎が配合されています。さらに肌の代謝を整えるビタミンB5も配合。1日の摂取量の目安は、15歳以上で2錠/3回、7歳以上15歳未満で1錠/3回、食前または食後の服用がおすすめです。

商品情報

価格(税抜) 1,830円
内容量 200錠
美白関連成分 L-システイン、アスコルビン酸
美白補助成分 パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)

【3位】シナールLホワイト2

シナールLホワイト2

L-システイン配合量 アスコルビン酸配合量 その他美白補助成分
240㎎ 1,000㎎ 1種類

シナールLホワイト2の特徴

・L-システイン 240mg配合
・アスコルビン酸 1,000mg配合
・ビタミンB5配合

おすすめポイント

シナールLホワイト2には、L-システイン240㎎とアスコルビン酸1,000㎎が配合されています。さらに肌の代謝を整えるビタミンB5も配合されており、シナール イクシと同じ処方ですね。
1日の摂取量の目安は、15歳以上で2錠/3回、7歳以上15歳未満で1錠/3回、食前または食後の服用がおすすめです。

商品情報

価格(税抜) 1,356円/2,653円
内容量 60錠/200錠
美白関連成分 L-システイン、アスコルビン酸(ビタミンC)
美白補助成分 パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)

【4位】ネオビタホワイトプラス「クニヒロ」

ネオビタホワイトプラス「クニヒロ」

L-システイン配合量 アスコルビン酸配合量 その他美白補助成分
240㎎ 600㎎ 2種類

ネオビタホワイトプラス「クニヒロ」の特徴

・L-システイン 240mg配合
・アスコルビン酸 600㎎配合
・ビタミンE、ビタミンB2配合

おすすめポイント

ネオビタホワイトプラス「クニヒロ」は、L-システイン240㎎とアスコルビン酸600㎎、さらに肌の代謝を整える2種類のビタミンが配合されています。1位~3位の商品と比較するとアスコルビン酸の配合量は少なめですが、肌の代謝を高めるビタミンEとビタミンB2が配合されていますね。
1日の摂取量の目安は、15歳以上で2錠/3回、7歳以上15歳未満で1錠/3回です。

商品情報

価格(税抜) 4,800円
内容量 240錠
美白関連成分 L-システイン、アスコルビン酸(ビタミンC)
美白補助成分 コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)、リボフラビン酪酸エステル(ビタミンB2)

【4位】ハクビホワイトC

L-システイン配合量 アスコルビン酸配合量 その他美白補助成分
240㎎ 600㎎ 2種類

ハクビホワイトCの特徴

・L-システイン 240mg配合
・アスコルビン酸 600㎎配合
・ビタミンB5、ビタミンB6配合

おすすめポイント

ハクビホワイトCは、L-システイン240㎎とアスコルビン酸600㎎、さらに肌の代謝を整える2種類のビタミンが配合されています。1日の摂取量の目安は、15歳以上で2錠/3回、7歳以上15歳未満で1錠/3回です。朝昼晩の摂取がおすすめです。

商品情報

価格(税抜) 2,400円/4,400円
内容量 90錠、240錠
美白関連成分 L-システイン、アスコルビン酸(ビタミンC)
美白補助成分 パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

【5位】チュエベルホワイトCプラス

チュエベルホワイトCプラス

L-システイン配合量 アスコルビン酸配合量 その他美白補助成分
240㎎ 500㎎ 1種類

チュエベルホワイトCプラスの特徴

・L-システイン 240mg配合
・アスコルビン酸 500㎎配合
・ビタミンB5配合

おすすめポイント

チュエベルホワイトCプラスは、L-システイン240㎎とアスコルビン酸500㎎、さらに肌の代謝を整えるビタミンB5が配合されています。1日の摂取量の目安は、15歳以上で2錠/3回、7歳以上15歳未満で1錠/3回です。
通信販売の「はぴねすくらぶ」で購入可能です。

商品情報

価格(税抜) 1,750円
内容量 180錠
美白関連成分 L-システイン、アスコルビン酸
美白補助成分 パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)

【6位】ジーロップCホワイトプラス

ジーロップCホワイトプラス

L-システイン配合量 アスコルビン酸配合量 その他美白補助成分
240㎎ 500㎎ 1種類

ジーロップCホワイトプラスの特徴

・L-システイン 240mg配合
・アスコルビン酸 500㎎配合
・ビタミンB5配合

おすすめポイント

ジーロップCホワイトプラスは、L-システイン240㎎とアスコルビン酸500㎎、さらに肌の代謝を整えるビタミンB5が配合されています。1日の摂取量の目安は、15歳以上で2錠/3回、7歳以上15歳未満で1錠/3回です。6位の他商品に比べるとリーズナブルな価格ですね。

商品情報

価格(税抜) 1,000円
内容量 180錠
美白関連成分 L-システイン、アスコルビン酸
美白補助成分 パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)

【6位】ネージュホワイトプラス

ネージュホワイトプラス

L-システイン配合量 アスコルビン酸配合量 その他美白補助成分
240㎎ 500㎎ 1種類

ネージュホワイトプラス

・L-システイン 240mg配合
・アスコルビン酸 500㎎配合
・ビタミンB5配合

おすすめポイント

ネージュホワイトプラスは、L-システイン240㎎とアスコルビン酸500㎎、さらに肌の代謝を整えるビタミンB5が配合されています。ジーロップCホワイトプラスと同じ処方ですね。1日の摂取量の目安は、15歳以上で2錠/3回、7歳以上15歳未満で1錠/3回です。

商品情報

価格(税抜) 1,850円
内容量 240錠
美白関連成分 L-システイン、アスコルビン酸(ビタミンC)
美白補助成分 パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)

【6位】ラセージュホワイトCプラス

ラセージュホワイトCプラス

L-システイン配合量 アスコルビン酸配合量 その他美白補助成分
240㎎ 500㎎ 1種類

ラセージュホワイトCプラスの特徴

・L-システイン 240mg配合
・アスコルビン酸 500㎎配合
・ビタミンB5配合

おすすめポイント

ラセージュホワイトCプラスは、L-システイン240㎎とアスコルビン酸600㎎、さらに肌の代謝を整えるビタミンB5が配合されています。1日の摂取量の目安は、15歳以上で2錠/3回、7歳以上15歳未満で1錠/3回です。
「日本ドラッグチェーン会(NID:ニッド)」に加盟するドラッグストアだけで買うことのできる、高品質&お手頃価格のプライベートブランドから発売されています。

商品情報

価格(税抜) 4,200円
内容量 180錠
美白関連成分 L-システイン、アスコルビン酸
美白補助成分 パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)

【7位】システィナC

システィナC

L-システイン配合量 アスコルビン酸配合量 その他美白補助成分
240㎎ 300㎎ 2種類

システィナCの特徴

・L-システイン 240mg配合
・アスコルビン酸 300㎎配合
・ビタミンB5、ビタミンB6配合

おすすめポイント

システィナCは、L-システイン240㎎とアスコルビン酸300㎎、さらに肌の代謝を整えるビタミンB5、ビタミンB6が配合されています。1日の摂取量の目安は、15歳以上で2錠/3回、7歳以上15歳未満で1錠/3回です。

商品情報

価格(税抜) 1,800円/3,800円
内容量 80錠/210錠
美白関連成分 L-システイン、アスコルビン酸
美白補助成分 パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

【8位】DHC エルシスホワイト240

DHC エルシスホワイト240

L-システイン配合量 アスコルビン酸配合量 その他美白補助成分
240㎎ 300㎎ 1種類

DHC エルシスホワイト240の特徴

・L-システイン 240mg配合
・アスコルビン酸 300㎎配合
・ビタミンB5配合

おすすめポイント

DHC エルシスホワイト240は、L-システイン240㎎とアスコルビン酸300㎎、さらに肌の代謝を整えるビタミンB5が配合されています。通販化粧品で人気のDHCの商品ですね。1日の摂取量の目安は、15歳以上で2錠/3回、7歳以上15歳未満で1錠/3回です。

商品情報

価格(税抜) 1,888円
内容量 280錠
美白関連成分 L-システイン、アスコルビン酸
美白補助成分 パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)

【8位】ピュアプラスホワイト

ピュアプラスホワイト

L-システイン配合量 アスコルビン酸配合量 その他美白補助成分
240㎎ 300㎎ 1種類

ピュアプラスホワイトの特徴

・L-システイン 240mg配合
・アスコルビン酸 300㎎配合
・ビタミンB5配合

おすすめポイント

ピュアプラスホワイトは、L-システイン240㎎とアスコルビン酸300㎎、さらに肌の代謝を整えるビタミンB5が配合されています。1日の摂取量の目安は、15歳以上で2錠/3回、7歳以上15歳未満で1錠/3回です。

商品情報

価格(税抜) 1,980円
内容量 210錠
美白関連成分 L-システイン、アスコルビン酸
美白補助成分 パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)

【9位】DHC シスビタホワイトC

HC シスビタホワイトC

L-システイン配合量 アスコルビン酸配合量 その他美白補助成分
160㎎ 1,000㎎ 4種類

DHC シスビタホワイトCの特徴

・L-システイン 160mg配合
・アスコルビン酸 1,000㎎配合
・ビタミンEなど、その他の美白補助成分を4種類配合

おすすめポイント

DHC シスビタホワイトCは、L-システイン160㎎とアスコルビン酸1,000㎎、さらに肌の代謝を整えるビタミンEなど4種類のビタミンが配合されています。通販化粧品で人気のDHCの商品ですね。L-システインの量は少なめですが、ビタミン類が豊富に配合されています。
1日の摂取量の目安は、15歳以上で2錠/2回、7歳以上15歳未満で1錠/2回です。

商品情報

価格(税抜) 1,650円
内容量 120錠
美白関連成分 L-システイン、アスコルビン酸
美白補助成分 ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、リボフラビン(ビタミンB2)、酢酸d-α-トコフェロール(ビタミンE)、パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)

【10位】ビタトレールホワイト

ビタトレールホワイト

L-システイン配合量 アスコルビン酸配合量 その他美白補助成分
160㎎ 500㎎ 2種類

ビタトレールホワイトの特徴

・L-システイン 160mg配合
・アスコルビン酸 500㎎配合
・ニコチン酸アミド、ビタミンB2配合

おすすめポイント

ビタトレールホワイトは、L-システイン160㎎とアスコルビン酸500㎎、メラニンの拡散を防ぐニコチン酸アミドが60㎎、肌の代謝を高めるビタミンB2が配合されています。L-システイン、アスコルビン酸の量は少なめですが、ニコチン酸アミドが配合されている商品です。
1日の摂取量の目安は、15歳以上で2錠/3回、7歳以上15歳未満で1錠/3回です。

商品情報

価格(税抜) 1,167円
内容量 180錠
美白関連成分 L-システイン、アスコルビン酸
美白補助成分  リボフラビン(ビタミンB2)、ニコチン酸アミド

【11位】タウロミンホワイト

タウロミンホワイト

L-システイン配合量 アスコルビン酸配合量 その他美白補助成分
150㎎ 300㎎ 1種類

タウロミンホワイトの特徴

・L-システイン 150mg配合
・アスコルビン酸 300㎎配合
・ビタミンE配合

おすすめポイント

タウロミンホワイトは、L-システイン150㎎とアスコルビン酸300㎎が配合されています。さらに肌の代謝を高めるビタミンEもプラス。1日の摂取量の目安は、15歳以上で2錠/2~3回、7歳以上15歳未満で1錠/2~3回です。

商品情報

価格(税抜) 2,647円
内容量 180錠
美白関連成分 L-システイン、アスコルビン酸
美白補助成分 d-α-トコフェロール(天然ビタミンE)

【12位】ビタゴールドEC顆粒

ビタゴールドEC顆粒

L-システイン配合量 アスコルビン酸配合量 その他美白補助成分
2,000㎎ 4種類

ビタゴールドEC顆粒の特徴

・アスコルビン酸 2,000㎎配合
・ニコチン酸アミドなど、その他の美白補助成分を4種類配合

おすすめポイント

ビタゴールドEC顆粒は、アスコルビン酸2,000㎎に加えて、メラニンの拡散を防ぐニコチン酸アミドが60㎎配合されています。さらに肌の代謝を高める3種類のビタミンを配合。
L-システインは配合されていませんが、ビタミン類が豊富に配合されている商品です。
粉末タイプで、1日の摂取量の目安は、15歳以上で1包、11歳以上15歳未満で2/3包、7歳以上11歳未満1/2包、3歳以上7歳未満で1/3包を1日2~3回です。

商品情報

価格(税抜) オープン価格
内容量 90包
美白関連成分 アスコルビン酸
美白補助成分 ニコチン酸アミド(ビタミンB3)、酢酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)、リボフラビン酢酸エステル(ビタミンB2)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

【13位】フェミールEC顆粒

フェミールEC顆粒

L-システイン配合量 アスコルビン酸配合量 その他美白補助成分
2,000㎎ 3種類

フェミールEC顆粒の特徴

・アスコルビン酸 2,000㎎配合
・ニコチン酸アミドなど、その他の美白補助成分を3種類配合

おすすめポイント

フェミールEC顆粒は、アスコルビン酸2,000㎎に加えて、メラニンの拡散を防ぐニコチン酸アミドが12㎎配合されています。さらに肌の代謝を高める2種類のビタミンを配合。L-システインは配合されていませんが、ビタミン類が豊富に配合されている商品です。
粉末タイプで、1日の摂取量の目安は、15歳以上で1包、11歳以上15歳未満で2/3包、7歳以上11歳未満1/2包、3歳以上7歳未満で1/3包を1日3回です。

商品情報

価格(税抜) 1,010円
内容量 32包
美白関連成分 アスコルビン酸
美白補助成分 ニコチン酸アミド、酢酸d-αトコフェロール(天然型ビタミンE)、リボフラビン酪酸エステル(ビタミンB2)

【14位】ビタアルトC錠2000

ビタアルトC錠2000

L-システイン配合量 アスコルビン酸配合量 その他美白補助成分
1,400㎎ 2種類

ビタアルトC錠2000の特徴

・アスコルビン酸 1,400㎎配合
・ニコチン酸アミド、ビタミンB2類配合

おすすめポイント

ビタアルトC錠2000にはアスコルビン酸1400㎎が配合されています。さらにメラニンの拡散を防ぐニコチン酸アミド、肌の代謝を高めるビタミンEもプラス。
1日の摂取量の目安は、15歳以上で1~3錠/2回、11歳以上15歳未満で1~2錠/2回、7歳以上11歳未満1錠/2回です。

商品情報

価格(税抜) オープン価格
内容量 300錠
美白関連成分 アスコルビン酸
美白補助成分 ニコチン酸アミド(ビタミンB3)、酪酸リボフラビン(ビタミンB2)

【14位】ビタオーダーC錠KK

ビタオーダーC錠KK

L-システイン配合量 アスコルビン酸配合量 その他美白補助成分
1,400㎎ 2種類

ビタオーダーC錠KKの特徴

・アスコルビン酸 1,400㎎配合
・ニコチン酸アミド、ビタミンB2類配合

おすすめポイント

ビタオーダーC錠KKにはアスコルビン酸1400㎎が配合されています。さらにメラニンの拡散を防ぐニコチン酸アミド、肌の代謝を高めるビタミンEもプラス。ビタアルトC錠2000と同じ処方ですね。
1日の摂取量の目安は、15歳以上で1~3錠/2回、11歳以上15歳未満で1~2錠/2回、7歳以上11歳未満1錠/2回です。

商品情報

価格(税抜) オープン価格
内容量 300錠
美白関連成分 アスコルビン酸
美白補助成分 ニコチン酸アミド(ビタミンB3)、酪酸リボフラビン(ビタミンB2)

【15位】アポスティーEC+B

アポスティーEC+B

L-システイン配合量 アスコルビン酸配合量 その他美白補助成分
500㎎ 4種類

アポスティーEC+Bの特徴

・アスコルビン酸 500㎎配合
・ニコチン酸アミドなど、その他の美白補助成分を4種類配合

おすすめポイント

アポスティーEC+Bは、アスコルビン酸500㎎とメラニンの拡散を防ぐニコチン酸アミドが配合されています。さらに肌の代謝を高める3種類のビタミンも配合。1日の摂取量の目安は、15歳以上で2回錠/1~3回、噛んで服用してください。

商品情報

価格(税抜) 1,980円/2,980円
内容量 60錠/120錠
美白関連成分 アスコルビン酸
美白補助成分 ニコチン酸アミド(ビタミンB3)、酢酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)、リボフラビン酪酸エステル(ビタミンB2)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

医療でも使われるビタミン成分

ナオ
今回紹介している医薬品にもビタミンC(アスコルビン酸)を初め、複数のビタミンが配合されています。ビタミン成分はサプリメントや化粧品のイメージが強いのですが、医療でも使われているのでしょうか?

二宮先生
はい。例えば美容医療では、ビタミンCは点滴療法などにも使われています。他にもビタミンEは血流改善やコレステロール低下の目的で、ビタミンB2は目の炎症を改善する目的で使用されています。

ナオ
そうなんですね!ビタミンは食品にも入っている成分なので、安心して服用することができますね。

市販薬の飲む日焼け止めの副作用は大丈夫?

飲む日焼け止め 副作用

ナオ
先生、医薬品の飲む日焼け止めですが、服用の際に注意することや副作用の心配などはあるのでしょうか?

二宮先生
基本的には指定の用法・用量を守って飲んでいただければ問題はありませんが、それぞれの成分について注意点をご説明します。

飲みすぎて副作用のある成分はどれ?

ビタミンC(アスコルビン酸として)

二宮先生
ビタミンCの1日の摂取量は1,000㎎~3,000㎎が適切です。

ナオ
市販薬の飲む日焼け止めの場合、ビタミンCの1日の摂取量は1,000㎎~2,000㎎なので適量ですね。

二宮先生
はい、ビタミンCも極端に多い量を1度に摂取してしまうと下痢や胃の不快感、ムカツキ、吐き気などをおこす心配もあるので用法・用量を守って飲んでくださいね。

しかしビタミンCは水溶性のビタミンで過剰量を摂取しても体外に排出されます。摂取量が少し増えたとしても、それほど心配する必要はありません。

ニコチン酸アミド

ナオ
ニコチン酸アミドという成分は、あまり聞いたことがないのですが副作用の心配はあるのでしょうか?

二宮先生
ニコチン酸アミドは1日あたり60㎎程度であれば問題ありません。市販薬の飲む日焼け止めでは、1日60mgを摂取上限としていますので深刻な副作用は心配する必要はないでしょう。

しかし海外のサプリメントですと1日分に500mgも配合されているものもあります。大量に摂取することでに胃腸障害、肝障害が報告された例もあり、日本では上限量が5mg/kg体重とされています。

ナオ
海外製品を飲むときは、ニコチン酸アミドの量を確認しましょう。

L-システイン

二宮先生
L-システインに関しては少し注意が必要です。近年L-システインの多量摂取が糖尿病に悪い影響を与える可能性がある、という研究結果も発表されています。糖尿病の方は、一度医師と相談してから服用するようにしましょう。

飲む日焼け止めにまつわるQ&A

ナオ
では最後に、飲む日焼け止めについてのアレコレを二宮先生に聞いてみましょう!

飲む日焼け止めはいつ飲む?

ナオ
飲む日焼け止めはいつ服用すのがいいのでしょうか?効果を実感するためのコツはありますか?

二宮先生
今回紹介した商品は1日に2~3回服用します。効果を実感するためには、継続して服用してもらうのがいいですね。

飲む日焼け止めは病院でも処方されますか?

ナオ
今回はドラッグストアや薬局で購入できる市販薬を紹介しましたが、飲む日焼け止めは病院でも処方されることがあるのでしょうか?

二宮先生
日焼けの治療目的で病院から処方される薬としては、ビタミンC(アスコルビン酸)が考えられます。海外のサプリメントなどが処方されることはありません。ただ病院によっては、サプリメントなどを院内で販売していることもありますね。

海外の飲む日焼け止めは危険?

ナオ
海外の飲む日焼け止めは、なぜ効果があるのか詳しくわかっていないということでしたが、何か危険性はあるのでしょうか?

二宮先生
『ニュートロックスサン』や『フェーンブロック』を配合した海外製品の情報を確認しましたが、特に危険性があるような表記はありませんでした。その他の成分としては『ビタミン類』に関しては、これまで紹介したように大きな心配はありません。

ただし『ニコチン酸アミド』については配合量を注意する必要があります。また『L-システイン』についても、糖尿病の方は使用前に医師に相談する方がいいでしょう。

妊娠中に飲む日焼け止めを飲んだら?

ナオ
妊娠している人も、飲む日焼け止めを飲んでも大丈夫でしょうか?

二宮先生
妊娠中の方は、さまざまな成分が配合されているサプリメントは基本的に避けるべきですね。積極的にすすめられているサプリメントは妊娠初期の『葉酸』くらいでしょう。

今回紹介している市販薬の中には『妊娠中のビタミンCの補給』という効能・効果があるものもあります。心配な場合は服用前に医師に相談する方がいいですね。

即効性のある飲む日焼け止めはある?

ナオ
飲んですぐに効果を発揮するような、即効性のある飲む日焼け止めもありますか?

二宮先生
即効性ですか…、難しいですね。基本的にシミのケアはお肌のターンオーバーに合わせて効果を感じることができます。今回紹介した商品もターンオーバーの周期である4~6週間は続けることで効果が期待できるでしょう。

市販薬の飲む日焼け止めに配合されている成分は、サプリメントにも配合されていますか?

ナオ
今回紹介した商品に配合されている成分ですが、一般的なサプリメントにも配合可能な成分なのでしょうか?

二宮先生
はい、ビタミンC(アスコルビン酸)、ビタミンE(コハク酸d-α-トコフェロール)、ビタミンB2(リボフラビン)、ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)、ニコチン酸アミド、パントテン酸はサプリメントでも使用されている成分です。

ナオ
『L-システイン』はサプリメントには使えない成分なのでしょうか?

二宮先生
サプリメントでは、L-システインそのものではなくシステインが2つ繋がった『シスチン』という成分が配合されています。

ナオ
同じ成分や、近い成分の配合が可能なんですね。

ではサプリメントよりも、医薬品をおすすめする理由はありますか?

二宮先生
市販薬とサプリメントでも同じ成分の配合は可能ですが、サプリメントの場合、配合量を記載しなくてもいいので、どのくらいの量が入っているのかかわからないこともあります。市販薬には配合量が明確に記載されているので、その点からも市販薬の方がおすすめです。

また製品の品質に関しても、食品レベルのサプリメントよりも医薬品の方が厳しい品質基準で作られているので、信頼感もありますね。

ほかの『飲む日焼け止め』サプリにはトマト抽出物が入っているんですが、これも効果的な成分なのですか?

ナオ
飲む日焼け止めのサプリメントの中には『トマト抽出物』が配合されているものもありますが、この成分も日焼けケアに効果があるのでしょうか?

二宮先生
確かに『トマト抽出物』が配合されているものもありますね。これはトマトに含まれる『リコピン』の抗酸化作用を期待しているのだと思われます。

抗酸化成分は光老化を防ぐ効果も研究されていますしね。ただしリコピン配合のサプリメントでも、配合量が不明確なものもあります。せっかく飲むのであれば、配合量がわかるものを選んだ方がいいですね。

 

ナオ
ナオ
日本化粧品検定1級・コスメコンシェルジュ
10年以上化粧品メーカーでコスメの企画や開発を担当していました。
関連するお悩み・症状

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る