twitter Instagram
HOME「スキンケア」の記事一覧【徹底比較】DUOとルルルン クレンジングバーム「アロマ」の違いは?口コミでチェック!

【徹底比較】DUOとルルルン クレンジングバーム「アロマ」の違いは?口コミでチェック!

2020年はDUOのおかげで「クレンジングバーム」の良さに注目が集まり、2021年のいまも多くのメーカーからクレンジングバームが発売されています。

今回ピックアップしたのは、フェイスマスクで有名な「ルルルン(lululun)」のクレンジングバーム。DUOクレンジングバームとルルルン クレンジングバームの効果や使い心地の違いを徹底調査しました。

ルルルンの口コミからリサーチした、各クレンジングの具体的なメリット・デメリットもご紹介します。

DUOとルルルン クレンジングバームの比較

DUOクレンジング バームとルルルン クレンジングバームを比較して、概要を表にまとめました。

金額や容量、成分にはどのような違いがあるか、チェックしてみましょう。

DUOとinkの比較一覧表

名称 DUO(デュオ)
ルルルン(lululun)
価格
(税込)
3,980円
ミニサイズ:880円
定期購入:
初回1,980円、以降3,168円
2,420円
お試し用:なし
10個セットで送料無料
定期購入:
2,178円送料無料
容量 90g/約30日分
ミニサイズ:
20g/約7日分
75g/不明

 

種類 ノーマル、クリア、ホワイト、バリア
アロマタイプ
基本機能 W洗顔不要、マツエクOK
W洗顔不要、マツエク不明

価格(値段)の違い

価格の違いは、定価はDUOが税込で3,980円、ルルルンは2,420円です。お試し用のミニサイズはルルルンにはありません。

DUOにもルルルンにも定期購入があり、DUOは初回半額の1,980円、以降20%オフの3,168円(税込)で購入できます。

ルルルンの定期購入は10%オフの2,178円(税込)送料無料です。

定価でそのまま購入すると送料がかかってしまうので、DUOもルルルンも定期購入がおすすめです。

容量の違い

DUO クレンジングバームは90gで、ルルルン クレンジングバームは75gと、ルルルンがやや小さめ。

また、使用量の目安はDUOは約30日分ですが、ルルルンには使用目安が記載されておりません。

種類の違い

DUO クレンジングバームはノーマル、クリア、ホワイト、バリアの4種類。

ルルルン クレンジングバームはアロマタイプ1種類のみのラインナップとなっております。

2020年まで販売されていたノーマルタイプのルルルン クレンジングバームは終売となっており、今はこのアロマタイプ(2019年発売開始)のみです。

DUOの種類 DUOの主な機能と成分
DUO ザ クレンジングバーム DUO ザ クレンジングバーム(ノーマル)
【エイジングケア】
24種類の植物エキス、ビタミンC、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなど
DUO ザ クレンジングバーム クリア DUO ザ クレンジングバーム クリア
【毛穴ケア】
セイヨウナシ果実発酵液、ザクロ果実エキス、ゴールデンカモミールエキスなど
DUO ザ クレンジングバーム ホワイト DUO ザ クレンジングバーム ホワイト
【くすみケア】

ホワイトセラムオイル、モロッコ溶岩クレイ”ガスール”、ロックローズオイルなど
ザ 薬用クレンジングバーム バリア DUO ザ 薬用クレンジングバーム バリア
【敏感肌向け】

グリチルレチン酸ステアリル、ツボクサエキス、高麗人参エキスなど
ルルルン(lululun)の種類 ルルルンの主な機能と成分
ルルルンクレンジング バームF(アロマタイプ)
【エイジングケア】
ヒマワリ種子ロウ、ニンジン種子油、ベルガモット果実エキス、ロイヤルエピジェンなど

機能性の違い

DUOはW洗顔不要、マツエクOKのクレンジングです。

ルルルンもW洗顔不要ですが、マツエクOKかどうかは不明。

なお、濡れた手では使えない(クレンジング力が落ちる)ことはどちらも共通しています。

口コミでチェック!ルルルンとDUOどっちが好き?

DUOが好きで愛用している、またはCMなどでDUOが気になっているという方が、DUOよりも少し安価なルルルンに興味を持ったパターンも多いと思います。

DUO クレンジングバームとルルルン クレンジングバーム口コミを参考に、DUOとルルルンのメリット・デメリットを探ってみます。

なるべく良い口コミ・悪い口コミ両方が入るようピックアップしました◎

DUO クレンジングバームの口コミ評価

洗顔を時短できます
クレンジングが面倒に感じる方ですが、これは洗顔を兼ねていて乾いた肌に塗り広げて洗い流すだけ。
ちょっとヌルッとした感じは残りますが慣れればそんなに気になりません。
自分には合ったのかも知れないですが、お風呂上がりのツッパリ感もなく以前より保湿は実感できました。
日焼け防止に繋がるかは不明ですが一度試してみるのは良いと思います。(引用:Amazon

乾燥対策に期待したい
まだ2回しか使用していないが、水で洗い流すと、レビュー通りぬめり感が残ります。逆にぬるま湯で洗うとぬめりが無くなる。一年中乾燥肌なので冬場の洗顔はすぐ化粧水、乳液で保湿することを欠かさない様にしている。本品の使用では、顔のくすみシミも薄くなっていくのを期待しています(引用:Amazon

香りが良い
ダブル洗顔不要なので、時短になることが良い。固めなので手からボロっと落ちやすいが、肌につけるとなめらかに伸びて、そこからマッサージすると気持ち良い。香りが良いのでアロマ効果もあり。ただ、ちょっと高いので毎日使えない。(引用:Amazon

ルルルン クレンジングバームの口コミ評価

香り
香りを売りにしているようですが個人的には特に良い香りとも思えず普通。
洗顔後の中に若干香りの味が残ります。ただ、臭くないのは確か。(引用:Amazon

スッと溶ける
肌にスルッと溶けて化粧落としが楽しみになりました。洗浄力は高く毛穴が詰まることが無くなりました。お値段がもう少しお手頃なら良かったのになぁと思う商品でした。(引用:Amazon

スパチュラが優秀
自立式のスパチュラは初めてでしたが、これがまあ便利です。
今までのバームでは毎回小さなスパチュラを容器から出し入れし内蓋も閉めなければいけないのが地味にストレスで、よく床に落としてしまっていたし…。
自立式スパチュラによって毎回ほんの数秒ですが時短になり、スパチュラというストレスから開放された気分。
今後他のバームやクリームを買ってもこのスパチュラを使い続けたいと思う程で、今商品で一番褒めたいポイントです。

値段も結構するのでリピートするかは微妙ですが、肌荒れせず優しく汚れが落とせる使い心地も気に入っています。(引用:Amazon

ルルルン クレンジングバームとDUOを体験!見た目の違いは?

ルルルンをDUOと比べたときにどのような違いを感じるか、普段DUO クレンジングバーム クリアを愛用している編集部員(全種類体験済み)が違いをリサーチします。

容器の違い

DUO クレンジングバーム クリアとルルルン クレンジングバーム アロマを並べて、容器の違いを確認してみました。

DUOは平べったい容器で、ルルルンは比較的縦に長い形状です。ルルルンは結構高さがありますね。

上から見たところ。

ルルルンには自立するスパチュラがついているのが大きな特徴。ティースプーンくらいの大きさで、結構しっかりしています。

使い方は同じですが、スパチュラが自立することでいちいち蓋の裏についているスパチュラを取り出したり、セットし直したりといった手間が減らせるのは良いですね。

また、ルルルンはワンタッチで蓋を開けることができるのも利点です。

小さな違いですが、毎日のクレンジングを少しでも時短したい人にとっては嬉しい限り!

テクスチャの違い

ルルルンをスパチュラですくってみたところ。

DUOを普段愛用しているのですが、比べるとルルルンは柔らかくねっとりとしています。

DUOとの違いが、見た目からも分かるのではないでしょうか。

柔らかいジェラートと、固めのシャーベットのような違いがあります!

手のひらでクリーム状にしたときも、かなり柔らかさと伸びを感じます。

一方で、ちょっぴり頼りなさも。このテクスチャの違いが洗浄力や洗い上がりにどう影響するか気になります!

ルルルンvs.DUOメイク落ちテスト

DUOとink.それぞれ、落ちにくいメイクでメイク落とし能力のテストをしてみます。

同じメイクを使い、同じ時間を使って洗顔しました。

①ウォータープルーフのマスカラ(黒)
②ウォータープルーフのアイライナー
(黒)
③ラスティングタイプのアイシャドウ(紺)

DUO クレンジングバームのメイク落ちテスト

まずはDUOから。筆者は全種類のDUOを試した結果、クリアが一番気に入って年中愛用しています(乾燥の時期はノーマルにも浮気するという使い方)。

毛穴ケアに特化した種類ですので、角栓や黒ずみ悩み、毛穴汚れに悩まされている人にはこれがおすすめ!

DUOのスゴさは日々実感しておりますが、あらためてメイク落とし能力のテストをしてみましょう。

クリーム状にしたバームを、手の甲に広げて馴染ませたところです。

クリーム状になってもしっかりと厚みがあり、摩擦の心配がないのが嬉しいところ。

1分ほど指の腹で優しくマッサージしたところです。

この時点ではウォータープルーフのアイテムはまだまだ残っていますが、DUO愛用者の私は知っています……ここから乳化させて洗い流す段階でスルスルとメイクが落ちることを!

少量の水で乳化させると、マスカラがポロポロと落ちてきました。毛穴の黒ずみや角栓もこんな感じでよく落ちてくれるのが嬉しい限り!

強力なウォータープルーフのアイライナーも、かなり薄くなっています。

20秒ほど流水で洗い流すと、落ちにくいメイクもスッキリ! 美容成分で洗うという触れ込み通り、洗い上がりはしっとりです。

特に夏の毛穴ケアに役立ってくれており、DUO以前はロゼットの角質ケアアイテムもクレンジングと併用していたのですが、DUOを使ってからはDUOだけで済むようになりました。

ルルルン クレンジングバームのメイク落ちテスト

続いては、左手でルルルンのメイク落としのテストを行います。

DUOと同じ、ウォータープルーフとラスティングタイプの落ちにくいメイクを使いました。

クリーム状にしたバームを、手の甲に伸ばします。

DUOより柔らかいため、すぐに伸ばしやすい印象でした。

1分程マッサージした状態です。

DUO同様にこの時点ではウォータープルーフのアイテムが残っていますが、ここからどれくらい落ちるでしょうか……?

少量の水を馴染ませて乳化した状態です。

DUOと同じく、メイクが絡め取られてポロポロ落ちてきていますね!

DUOと同じ手順で20秒程ぬるま湯の流水で洗い流しました。

画面下のほうに、ほんの少しだけアイライナーが残っているようです。

クレンジングとしてはとっても優秀ですが、DUOにはやや劣るといった印象です。

アロマの香りは控えめ

ルルルンは「のせる、なじませる、すすぐ」という行程ごとに香りが3段階に変化するというのがウリでもありますが、それほどはっきりと実感はできませんでした

個人的にはもっとアロマの香りがしても良いのですが、あまり強い香りが得意ではないという方も多いと思うので、好みが分かれそうです。

洗い上がりはツルツル

洗い流しの感覚をDUOと比較すると、DUOのどの種類と比べてもルルルンは「しっとり」よりも「ツルツル」が際立つ洗い上がり。

毛穴汚れにも良さそうですし、ヌメリが落ちたタイミングが分かりやすいと感じました◎

DUOの「しっとり」を「ヌメヌメ」ととる人もいるので、さっぱり派やDUOのしっとり感が苦手な人にはルルルンがおすすめです。

DUOとルルルンのメリット・デメリット結論!

メイク落ちテストをふまえて、筆者が感じたDUOとルルルンの優劣を表にまとめました。

名称 DUO(デュオ)
ルルルン(lululun)
価格

×
コスパが気になる、定期購入必須


DUOより安いが少ないので比較は微妙
メイク落ち
さすがの一言!

十分落ちるけど、DUOには多少劣る
洗い上がり
程良くしっとり、絶妙

ツルツル、ヌメリが気にならない

クレンジング力に関しては多少ルルルンが劣るものの、全体的にそれほど違いは感じませんでした。

好きな香りや、容器の使い勝手で選ぶか、もしくは、

・しっとりの洗い上がりならDUO
・ツルツルの洗い上がりならルルルン

という洗い上がりの違いで選ぶのもおすすめです◎

香りや洗い上がりはどうしても自分自身で体験してみないと分からないため、そういった面では全種類お試しのミニサイズがあるDUOは有り難いですね。

DUOとルルルン クレンジングバームはどこで買える?

ルルルン クレンジングバーム アロマタイプは、オンラインストア(通販)のみのラインナップだそう。

公式サイトのほか、楽天、AmazonなどのECモールでも購入が可能です。

DUOは公式サイトやECモールに加えて、実店舗でも展開。最近はドンキやマツキヨなどのバラエティショップやドラッグストアでも販売されています。

DUO ルルルン
公式サイト、Amazon、楽天、アットコスメ、実店舗 公式サイト、Amazon、楽天

お得に買うなら定期購入一択!

ルルルンもDUOも定期購入で割引されるので、お得に買うなら定期購入がおすすめです!

特にDUOは定期購入で初回限定半額の1,980円(税込)、2回目以降も20%オフの3,168円(税込)と、通常購入よりもかなりのお得感。

使用感が気になる場合はミニサイズでお試しができるのも良いですね。

DUOはしっとり、ルルルンはツルツル。お好みの洗い上がりを選んでみて

クレンジングバームは一般的なクレンジングよりもメイク落ちが良い印象があるため、どちらのバームもおすすめ!

コスパ的にはどちらもプチプラとはいえないものの、機能性はバッチリ。どちらも美容成分がたっぷり入っているので美肌効果も期待できます。

ルルルンは1種類ですがDUOは4種類ありますので、ぜひ全種類試してお好みのクレンジングを見つけ出してください!

 

 

関連する美容成分

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る