twitter Instagram
【薬剤師監修】トラネキサム酸配合の市販薬・化粧品には何がある?

【薬剤師監修】トラネキサム酸配合の市販薬・化粧品には何がある?

気になるシミやそばかす、女性特有の肌悩みである「肝斑(かんぱん)」に効果的とされるトラネキサム酸

「トラネキサム酸にはどのような効果があるの?」「トラネキサム酸配合の商品はどのように選べばいいの?」と悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?

そこで今回は現役薬剤師の二宮先生と一緒に、トラネキサム酸についての正しい知識を学んでいきましょう。

二宮先生
トラネキサム酸の特徴や効果について解説していきます。

ナオ
先生、よろしくお願いします。

コスメコンシェルジュ・コスメライター
ナオ
ナオ
日本化粧品検定1級・コスメコンシェルジュ
10年以上化粧品メーカーでコスメの企画や開発を担当していました。

監修者
薬剤師・二宮
薬剤師・二宮
薬剤師、漢方薬生薬認定薬剤師、漢方アドバイザーの資格を活かし、調剤薬局や漢方薬局での勤務経験から、医薬品や漢方薬を詳しくわかりやすく解説。現在は化粧品成分検定1級・化粧品成分上級スペシャリストとしても活動し、薬用化粧品の成分を中心に解説を行う。美容や健康に役立つ商品を成分からアドバイスすることが得意。

トラネキサム酸とは

トラネキサム酸とは

ナオ
トラネキサム酸とは、どのような成分なのでしょうか?

二宮先生
トラネキサム酸は人工的に作られたアミノ酸の1種です。実は開発したのは日本人なんですよ。日本国内では美白効果のある化粧品だけではなく、風邪薬など幅広い目的で使用されてい成分です。

トラネキサム酸は、もともとは炎症を抑えるための薬として使用されてきました。
女性にとっては、シミや肝斑の改善成分として知られている成分ですね。

トラネキサム酸の主な効果

トラネキサム酸の主な美容効果は、肝斑やシミの改善であり、飲んでも塗っても美白作用が期待できる成分です。

飲むトラネキサム酸は市販薬に該当し、肝斑という女性特有のシミの改善薬として用いられています。同じ飲むトラネキサム酸でも、医療用医薬品には肝斑の効能効果の記載はありません。しかし市販薬にも医療用医薬品にも同じトラネキサム酸が含まれています。

塗るトラネキサム酸は化粧水やクリームなどに配合されており、肝斑に限らずメラニンの生成を抑えシミ、そばかすを防ぐ効果があります。

用法 分類 効能効果
飲む 医療用医薬品 蕁麻疹、扁桃炎、異常出血など。自費診療に限り肝斑、シミにも可。
市販薬(トランシーノⅡ) しみ(肝斑)
塗る 薬用化粧品 美白(メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ)、肌荒れ予防

トラネキサム酸の市販薬・化粧品は何がある?

トラネキサム酸種類

ナオ
飲んでも塗っても美白の効果があるトラネキサム酸ですが、市販薬や化粧品はどこで購入できるのでしょうか?

二宮先生
トラネキサム酸が配合された市販薬や薬用化粧品は、ドラッグストアなどでも購入可能です。

その他、医師の処方箋がなければ購入できない医療用医薬品のトラネキサム酸もあります。

ナオ
医療用医薬品と市販薬とでは、何か違いがあるのでしょうか?

二宮先生
はい。ではトラネキサム酸を使用した医療用医薬品、市販薬、薬用化粧品について詳しく説明しますね。

医療用医薬品(単一成分) 市販薬(合剤) 薬用化粧品
錠剤(250mg,500mg)

カプセル(250mg)

シロップ

顆粒

注射液

錠剤(肝斑(しみ))

錠剤(総合感冒薬)

美白の薬用化粧品

肌荒れ用の薬用化粧品

医療用医薬品のトラネキサム酸は、単一のトラネキサム酸のみが入っている薬です。
錠剤やカプセル、シロップ、顆粒タイプなどがあり、さらに直接体内に入れる注射液のトラネキサム酸もあります。

それに対して市販薬には、トラネキサム酸のみが入っているものはありません。トラネキサム酸と複数の成分を一緒に配合した「合剤」というものが販売されています。一般的にはトラネキサム酸と、ビタミンCやビタミンB6などの有効成分を組合せているケースが多いですね。
肝斑を改善する錠剤と、総合感冒薬という風邪薬の2種類があります。

化粧品としては、美白の効能効果がある薬用化粧品と、肌荒れを改善する薬用化粧品の2種類があります。

市販のトラネキサム酸を買うときの注意

トラネキサム酸注意

ナオ
ドラッグストアなどでトラネキサム酸の市販薬を購入する時に、気を付けることなどはありますか?

二宮先生
有名な市販薬に「トランシーノ」というシリーズがありますが、実はトランシーノの市販薬は2種類あります。購入の際には配合成分をしっかりとチェックして、目的に合わせた商品を選びましょう。

美白効果のある市販薬として人気の高い「トランシーノ」には、「トランシーノⅡ」と「トランシーノ ホワイトCクリア」という2種類の商品があります。トラネキサム酸が配合されているのはトランシーノⅡです。トランシーノ ホワイトCクリアには、トラネキサム酸は配合されていません。

肝斑の改善を目的に飲む場合は、トラネキサム酸が配合されている市販薬が適しているでしょう。

トランシーノII トランシーノ ホワイトCクリア
トラネキサム酸 アスコルビン酸
L-システイン L-システイン
アスコルビン酸 コハク酸d-α-トコフェロール
ピリドキシン塩酸塩 リボフラビン
パントテン酸カルシウム ピリドキシン塩酸塩
ニコチン酸アミド

トランサミンって結局なに?トラネキサム酸との違いは?

トランサミンとの違い

ナオ
トラネキサム酸を調べていると、「トランサミン」という名前が出てくるのですが、トラネキサム酸とトランサミンは同じものなのでしょうか?

二宮先生
トラネキサム酸とトランサミンは、成分としては同じものです。詳しく説明しますね。

トラネキサム酸とは成分そのものの名称です。
それに対してトランサミンは、第一三共株式会社が販売している医療用医薬品の商品名になります。トランサミンは、単一のトラネキサム酸が入っている薬ですね。

それぞれ成分としては同じものですが、トラネキサム酸は成分名称、トランサミンは商品名称と覚えましょう。

先発医薬品としてトランサミンが発売されたあとに、ジェネリック医薬品がトラネキサム酸という成分名称をそのまま商品名として発売しているため、混乱してしまう人も多いですね。

成分の名前 トラネキサム酸 ←ジェネリック医薬品ではこの表記
商品名 トランサミン ←先発医薬品ではこの表記

〜教えてLiruu〜トラネキサム酸配合商品に関する Q&A

Q&A

ナオ
最後にトラネキサム酸配合の薬や化粧品について、二宮先生に気になることを質問してみましょう。

二宮先生
よろしくお願いします。

トラネキサム酸がニキビに効くって本当?どうして?

トラネキサム酸には抗炎症効果があるので、炎症を起こしているニキビには効果が期待できるでしょう。ただしニキビ改善の成分ではないので、ニキビ用の薬や化粧品の補助として使うことをおすすめします。

トラネキサム酸、注意すべき飲み合わせは?ピルと併用できる?

ピルは女性にとって有益な薬ですが、血液を固める副作用があることも知られています。ピルに限らず血液を固めたり、サラサラにしたりする薬を服用している人は、トラネキサム酸を服用する前に医師や薬剤師に相談をしてください。

また風邪薬にもトラネキサム酸が入っていることがあります。成分が重複してしまうため、風邪薬を飲む時や、風邪薬を処方してもらう時には、トラネキサム酸配合の市販薬を飲んでいること医師や薬剤師に伝えましょう。

美白目的でトラネキサム酸を処方してもらった時、保険は効く?

肝斑の治療でトラネキサム酸を処方してもらう場合は、健康保険の対象外となります。そのため費用は全額自己負担です。

トラネキサム酸以外で肝斑治療にオススメな成分は?

やはり肝斑の改善にはトラネキサム酸が1番効果的でしょう。
トラネキサム酸が配合された美容液を、イオン導入によって浸透させている美容皮膚科もあります。

喉の炎症を抑えるトラネキサム酸配合の薬には、美白の効果はない?

総合感冒薬(風邪薬)や、喉の痛みを抑える薬にもトラネキサム酸が含まれていることがあります。1日量として750mgほど含まれている場合もあり、配合量だけを見ると多いように感じますが、実際には肝斑の改善効果は期待できないでしょう。

理由は服用期間です。
総合感冒薬や喉の薬の服用期間は、一般的に4日間~7日間ほどです。しかし肝斑を改善するためには、少なくとも6週間程度トラネキサム酸を飲み続ける必要があります。

肝斑の改善を目的としている場合は、目的に合わせた量を処方してもらうことや、肝斑改善の市販薬を継続して服用することが大切です。

トラネキサム酸とアルブチンの併用で、美白効果は上がる?

美白効果が上がるという明確な研究データはありませんが、トラネキサム酸とアルブチンは併用しても問題のない成分です。アルブチンだけではなく、ビタミンC誘導体やデスクパンテノールW(2018年に承認された新規美白有効成分)など、その他の美白有効成分と併用しても問題ありません。

まとめ

大人気な美容成分、トラネキサム酸の特集いかがだったでしょうか?正しい知識を身につけて、より美しいお肌をキープしましょう!

 

ナオ
ナオ
日本化粧品検定1級・コスメコンシェルジュ
10年以上化粧品メーカーでコスメの企画や開発を担当していました。
関連するお悩み・症状

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る