twitter Instagram
脂性肌は改善できる?ニキビができる原因と肌の改善方法を紹介!

脂性肌は改善できる?ニキビができる原因と肌の改善方法を紹介!

お肌がべたつきやすく、ニキビに悩む方が多い脂性肌(オイリー肌)。

今回はコスメコンシェルジュの筆者が現役薬剤師・二宮先生に質問しながら、脂性肌・ニキビの原因や対策方法、化粧水や洗顔などのスキンケアやサプリに含まれるおすすめ成分をご紹介します。

コスメコンシェルジュ・コスメライター
Mafumi
Mafumi
日本化粧品検定1級・コスメコンシェルジュ
AJESTHE美肌エキスパート®
美容メディア中心に、webライターとして活動してます。
ニキビ肌が緩和したことがきっかけで、スキンケア・化粧品成分の勉強が大好きになりました。
音楽と読書と旅行が趣味です♪

監修者
薬剤師・二宮
薬剤師・二宮
現役薬剤師として調剤薬局に勤務。過去には漢方薬生薬認定薬剤師、漢方アドバイザーの資格を活かし漢方薬局でも勤務。現在は化粧品成分検定1級・化粧品成分上級スペシャリストとしても活動し、薬用化粧品の成分を中心に解説を行う。美容や健康に役立つ商品を成分からアドバイスすることが得意。

脂性肌(しせいはだ)とはどういう状態?

脂性肌(しせいはだ)とはどういう状態?

脂性肌(しせいはだ)は肌の皮脂の分泌量、水分量がともに多い状態の肌質を指します。 オイリー肌という呼ばれ方もメジャーです。

よって、皮脂過剰によるベタつきやニキビに悩まされる方が多い肌質です。

脂性肌になる原因

脂性肌になる原因

Mafumi
私も脂性肌で悩んでますが……脂性肌になってしまう原因ってあるのでしょうか?

二宮先生
一番の原因は、ホルモンですね。脂性肌の原因となる皮脂腺(皮脂を分泌する皮膚組織)は、ホルモンに大きく影響されます。 例えば、10代の成長期や、仕事でストレスがあるとき…、女性は生理前にニキビが出来やすくなりますよね?こういったセンシティブな時は男性ホルモンが分泌されます。ホルモンの不調により皮脂腺が刺激され、皮脂が過剰に分泌されます。

脂性肌 ≠ 乾燥性脂性肌?

脂性肌 ≠ 乾燥性脂性肌?

脂性肌とは別に、乾燥性脂性肌(インナードライ肌)という肌質があります。

肌表面に皮脂が多いためテカリや油浮きが発生し、脂性肌だと思われがちですが、こちらは肌内部に水分が足りない(乾燥)ため皮脂が過剰に分泌されてしまう肌質です。

乾燥対策・おすすめのスキンケアについてはこちら!

脂性肌とニキビの関係

脂性肌とニキビの関係

Mafumi
脂性肌が原因だからか、よくニキビが出来てしまいます。オイリー肌はどうしてニキビが出来やすいのでしょうか?

二宮先生
ニキビの基本的な原因は、皮脂の毛穴詰まりです。

さきほど言ったように、オイリー肌の方は男性ホルモンの分泌により皮脂が過剰に分泌されてしまうんですね。そのため、余分な皮脂が毛穴に詰まってしまい、アクネ菌(ニキビの元となる雑菌)が繁殖してニキビになってしまいます。

また、ホルモンだけでなく皮膚のターンオーバー(生まれ変わり)サイクルの乱れが原因で、毛穴詰まりが起きてしまうこともあります。

打倒ニキビ!対策3つ

Mafumi
ニキビの原因を教えてもらったところで、ニキビに効果的な対策を3つご紹介します。

ピーリングをする

ピーリングは肌のターンオーバーを整え、不要な角質を取り除きます。そのため、ニキビの原因となる毛穴に詰まった余計な皮脂を出やすくする作用があります。

ピーリングについて詳しく知りたい場合はこちら!

皮膚科で医薬品をもらう

ニキビは皮膚科で、飲み薬や塗り薬を保険適用で処方してもらえることが多いです。

女性の場合、産婦人科で処方される低容量ピルも、ホルモンバランスを整えるため効果が期待できます。

ニキビに適した(抗炎症)スキンケア化粧品を使う

ニキビに効果が認められている有効成分配合のスキンケア(化粧水など)は、ドラッグストアでも購入できます。

スキンケアの見直しでニキビが改善する場合もあります!

ニキビ化粧品の選び方・有効成分について詳しく見る!

皮脂の分泌を抑える化粧品を使う

抗ニキビ化粧品はたくさん販売されてますが、皮脂の分泌を抑える『ライスパワーNo.6エキスが含まれてる化粧品をお勧めします。

【医薬部外品】脂性肌におすすめの成分

【医薬部外品】脂性肌におすすめの成分

Mafumi
皮脂の分泌を抑える、脂性肌におすすめな『ライスパワーNo.6エキス』について、ご紹介いたします!

ライスパワーNo.6エキス

ライスパワーNo.6エキス

『ライスパワーNo.6エキス』は医薬部外品の有効成分において、初めて『皮脂分泌抑制効果』を承認された成分です。

皮脂腺を縮小させる作用があり、お肌への過剰な皮脂分泌を抑制します。※上図参照

適度な皮脂膜が形成されることで、ニキビや毛穴の開き・黒ずみ、テカリ、老化などの肌トラブルを防ぐ働きがあります。

Mafumi
ライスパワーNo.6エキスは皮脂を抑えることができる唯一の薬用化粧品成分ですね!

【飲み薬 ・サプリ】脂性肌におすすめの成分

【飲み薬 ・サプリ】脂性肌におすすめの成分

Mafumi
ドラッグストアでも気軽に買える、サプリメントに含まれてる脂性肌にお勧めな成分をご紹介します。

ビタミンB2

脂質・栄養素の代謝をコントロールするため、不足するとニキビが出来やすくなります。

皮脂腺を縮小させ、皮脂分泌を抑制する働きがあるため、オイリー肌改善が期待できます!

ビタミンB6

ビタミンB2同様、皮脂分泌を抑える作用があります。

脂漏性皮膚炎やニキビ、肌荒れに対して改善が期待できる成分です。

脂性肌についてQ&A

脂性肌についてQ&A

Mafumi
こちらでは脂性肌(オイリー肌)について、より詳しい知識を追求していきます!

脂性肌ってフォトフェイシャルで治療できるって本当ですか?

二宮先生
脂性肌に適したフォトフェイシャル(光治療)は、美容皮膚科でも取り扱われてますね!皮脂腺を小さくする働きがあるため、改善する効果が期待できます!

脂性肌って遺伝するんですか?

二宮先生
必ず遺伝するわけではありませんが、男性ホルモンの多さに関係するものなので、遺伝の可能性も否めませんね。

脂性肌を改善してくれるおすすめのサプリはありますか?

二宮先生
ビタミンB2、B6がおすすめです。ともに皮脂分泌のバランスを整えるだけでなく、皮膚や粘膜の代謝を改善する働きがあります。ニキビ・肌荒れにおすすめなサプリです!

脂性肌の人は男性ホルモンが影響しているんですか?

二宮先生
オイリー肌は男性ホルモンが大きく影響しています。男性ホルモンが皮脂腺という毛穴にある油を作り出す細胞を刺激してしまうためです。

脂性肌の人は、チョコレートやポテチなど、お菓子や脂っこいものを控えた方がいいですか?

二宮先生
医学的に、食べ物とニキビ・脂性肌は関係ないという見解が強いです。食べ過ぎはよくないかもしれませんが、無理して我慢する必要はありません。それよりも、ピルを飲む、アンドロゲンを抑える飲み薬を飲むなど、ホルモンバランスを整えることを優先したほうがいいかと思います。

拭き取り化粧水が流行っていますが、脂性肌におすすめの商品ってありますか?

二宮先生
アルコール(エタノール)が配合されているものが、ベタつきを抑える清涼感があるためおすすめです。

その他に脂性肌おすすめの成分はありますか?

二宮先生
改善が認められているものは『ライスパワーNo.6エキス』のみですが、普段のケアではを使った洗顔やクレイパックは皮脂を吸着してくれるのでおすすめです。また、リパーゼ*という酵素成分も効果が期待できます。 個包装されている酵素洗顔などが代表的なものです!

*リパーゼ…脂肪分解酵素、プロテアーゼ…タンパク質分解酵素
イメージとしては脂肪のつながりをプチプチ切って肌表面から落としやすくする成分

まとめ

テカリやべたつきでお悩みの方も多い、脂性肌。今回ご紹介した正しい知識から、改善を目指していきましょう!

参照:はなふさ皮膚科 勇心酒造株式会社

Mafumi
Mafumi
日本化粧品検定1級・コスメコンシェルジュ
AJESTHE美肌エキスパート®
美容メディア中心に、webライターとして活動してます。
ニキビ肌が緩和したことがきっかけで、スキンケア・化粧品成分の勉強が大好きになりました。
音楽と読書と旅行が趣味です♪
関連するお悩み・症状
おすすめアイテム

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る