twitter Instagram
Liruuについて

Liruuについて

Liruuとは「独自の評価基準」を設け、「専門的な知識」でコスメを「探究」、「提案」するコスメティックメディアです。

concept

Liruu コンセプト

症状→成分→コスメ「成分からなりたい自分を探す」

美容に関する専門家(Liruu)とコスメに知見がある有識者(資格保有者)が独自のエビデンスを基に「体験」、「調査」、「評価」していきます。

policy

Liruu(リル)は、正しい情報がユーザーにわかりやすく伝わる、その知識を化粧品選びの参考になれるようなサイトを目指しています。

近年、化粧品に含まれる成分の機能や安全性に対するユーザーの意識が高まっているように感じます。

ブログやSNSなど、個人がインターネットで手軽に情報収集・発信できるようになったこともあり、各所で化粧品の成分に関する意見を目にするようになりました。

しかし、その情報が正しいとは限りません。情報元がわからない、あるいは不正確な情報が記載されたサイトが支持されていることも少なくありません。

商品がおすすめされる理由も不明瞭なものが多く見受けられます。

・商品を熟知していないインフルエンサーによる作られた過度な宣伝

・作られた口コミで構築される信憑性のない評価

・根拠のないWEB広告

・商品力よりも宣伝力だけで拡大してしまう現状

一方で、メーカーが発信する情報は薬機法・広告法などに縛られ抽象的になりがち、また専門的な書籍やデータベースでは言葉が難しいといった課題もあります。

正しい情報をわかりやすくお伝えすることで、正しい知識を得て役立ててもらいたい。せっかく良い成分を使っている化粧品を、きちんと知ってもらいたい。

そんな想いから、Liruu(リル)は3つのValueをもとに生まれました。

value

liruu-value

1.Evidence(決定基準)

2.Expertise(専門性)

3.Explorer(探究心)

■Evidence(決定基準)

医療・薬学の専門家監修のもと、3,000種類に及ぶ美容成分データベースから独自の評価基準を設け、おすすめコスメをスコアリング。その時の症状に見合ったコスメを提案します。

■Expertise(専門性)

ライター全員が化学の専門家というわけではありませんが、医療従事者監修のもと、化粧品成分に関する専門書・データベースなどをもとに日々アップデートしています。

Explorer(探究心)

もっと美容成分について知りたい、化粧品について詳しくなりたい、探してみたい。Liruuで得た知識が、みなさまの「もっと知りたい」のきっかけになれるよう、またそんな時に役に立てるような記事作りを目指しています。

医薬部外品と化粧品の違いについて

医薬部外品とは、化粧品と医薬品のおよそ中間に位置します。医薬品ほどの治療する力は持ち合わせないけれど、一般の化粧品よりも効果が期待できる、といった商品です。

ある程度の効能効果をうたうことができます。ですので、シミ、シワ、ニキビ、フケ・かゆみなどの予防や改善をうたうコスメは、基本的に『医薬部外品』です。

そして、医薬部外品において大切なのは『有効成分』が含まれているということです。この有効成分というのは、『メラニンの生成を抑える』、『ニキビを予防する』といった、医薬部外品の効能効果の根拠となる成分です。

有効成分は、化粧品の裏に全成分表示がされている場合、たいていアスタリスクマーク『*』がついています。様々な医薬部外品が『メラニンの生成を抑える』とうたっていても、この有効成分がメーカーによって異なってきます。

この有効成分の違いがお肌への効果を左右します。賢くきれいになるには知っておくべき必須事項です。

リルでは、この『医薬部外品』の『有効成分』に特にスポットを当てて解説をしていきます。

 

みなさまのスキンケアライフが、よりよいものになりますように。

*化粧品について知りたいユーザーに必要な情報を優先しているため、実際の書籍よりも情報量が少ない部分もありますが、ご了承いただければと思います。

 

 

参考文献・関連サイト

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る