twitter Instagram
レチノール

レチノール

別名 ビタミンA
配合目的 酸化防止剤、その他
対応するお悩み 乾燥、シワ・たるみ

レチノールとは

脂溶性ビタミンの一種であるビタミンAです。
目の健康や皮膚の健康、成長、免疫などにかかわる成分です。

身体に貯金されるビタミンで、レバーやウナギ、卵黄に多く含まれます。
また、栄養機能食品・医薬品などから補うことができます。

レチノールの効果・働き

肌に直接塗ることで、肌の小ジワやシミを改善する効果が研究されています。
具体的には真皮においてコラーゲンの産生を促進したり、ピーリング作用が確認されています。

海外の研究では、0.4%のレチノールローションを週に3回、24週、高齢の被験者に塗布してもらった結果、シワが改善されたのが確認されています。
またこのレチノールローションの効果には2~3カ月は必要だろう、とされています。

レチノールの副作用

レチノール(ビタミンA)のサプリメントを摂りすぎる、レバーを食べすぎるなどした場合、脳圧が亢進して起こる頭痛や、筋肉痛、脱毛などの過剰症を引き起こすことがあるので気をつけましょう。
また妊娠を希望する女性や妊娠中の女性がビタミンAを摂りすぎると胎児奇形の可能性があるので注意が必要です。

レチノールを含む製品

現在日本では、目尻のシワやほうれい線用の医薬部外品化粧品に含有されています。
シワは英語で『wrinkles(リンクル)』というので、このような名前の化粧品はレチノールや、ビタミンA酸であるレチノイン酸などのシワに有効な成分が入っている可能性があります。

レチノールの豆知識

アメリカなどにおいては、レチノイン酸の一種、トレチノインをにきび治療(RENOVAやRETIN-Aなど)に、トレチノイン・ステロイド・ハイドロキノンを混ぜたクリームをシミ治療(TRI-LUMAなど)として使用しています。

塗ったときの皮膚刺激やピーリング作用が強いため、日本の皮膚科では処方箋では買えず、各々の皮膚科内で作られる薬『院内製剤』としてそれぞれの病院や診療所が作って販売しています。

シワ、シミの改善で使用するときには、きちんと肌のへの刺激など副作用についても確認するようにしてください。

最終更新日:

同じ効果を持つ美容成分

関連するお悩み・症状

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る