twitter Instagram
参考文献・参考サイト

参考文献・参考サイト

Liruuではお伝えする情報の正確性を期するべく、薬学・医学の専門家監修の他に、日本国内、海外の専門機関、有識者が発表した文献、論文などを参考にしています。

参考文献

表紙 『参考文献』書籍タイトル 内容
サンディ・スワンダ、田力(2009).漢方生薬実用辞典 ガイアブックス 漢方薬、生薬について
伊沢凡人(1991). よく効く民間療法 家の光協会 民間療法や、薬草
治療薬マニュアル(2008) 医学書院 医療用医薬品の方針、薬、治療方針
病気が見えるvol.3 糖尿病・代謝・内分泌 第4版(2014) メディックメディア ホルモン、ビタミン、肥満
病気が見えるvol.8 腎・泌尿器 第2版(2014) メディックメディア 男性生殖器、男性ホルモン
病気が見えるvol.9 婦人科・乳腺科 第3版(2013) メディックメディア 女性ホルモン全般
奥山徹(2007). エッセンシャル天然薬物化学 医師薬出版株式会社 天然薬草の細かい成分
日本生薬学会(2008). 現代医学における漢方薬 南江堂 天然薬草の細かい成分
竹田忠紘他(2007). 天然医薬資源学 第3版 廣川書店 天然薬草の細かい成分
河合忠他(2008). 異常値の出るメカニズム 第5版 医学書院 血液検査のホルモンやビタミンの正常値
Bella Pelle vol.2 No.1 (第3号) 2017.2 株式会社メディカルレビュー社 シミ専門
Bella Pelle vol.2 No.2  2017.5 株式会社メディカルレビュー社 シワ専門
Bella Pelle vol.2 No.4 2017.11 株式会社メディカルレビュー社 たるみ専門
光井武夫(2001). 新化粧品学 第2版 南山堂 化粧品成分、法規などの教科書
レベッカ・ジョンソン他(2014). メディカルハーブ辞典 日本ナショナルジオグラフィック社 西洋のハーブ
水野瑞夫・太田順康(2014). くらしの薬草と漢方薬-ハーブ・民間薬・生薬- 新日本法規 日本の薬草
薬がみえるvol.2 (2015). メディックメディア ホルモン、ビタミン、婦人科のくすりについて
宮地良樹他(2006). 美容皮膚科学 南山堂 美容皮膚科の教科書
築田多吉(2007). 赤本 家庭に於ける実際的看護の秘訣 現代語版 民間治療の代表的1冊
PEPARS No.110 2016 全日本病院出版会 シミ専門、肝斑特集
Derma. No.209 2013 全日本病院出版会 美容クリニックの機器など
落合慈之(2012). 新版 皮膚科疾患ビジュアルブック 株式会社学研プラス 一般皮膚科の教科書
朝田康夫(2002). 美容の医学 美容皮膚科学辞典 中央書院 美容皮膚科の専門用語など
田中千賀子・加藤隆一(2007). NEW薬理学改定第5版 南江堂 生体内におけるメカニズム、ケミカル
一般社団法人化粧品成分検定協会編(2015)『化粧品成分検定公式テキスト』実業之日本社 成分解説、配合目的など
宇山侊男・岡部美代治・久光一誠(2015)『化粧品成分ガイド 第6版』フレグランスジャーナル社 成分解説、配合目的など
中央書院編集部編(2012)『化粧品成分用語事典2012』中央書院 成分解説、配合目的など
小澤王春(2005)『自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典』メタモル出版 成分解説、配合目的など

参考サイト

提供機関
厚生労働省
Pmda 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
国立健康・栄養研究所
European Commission
U.S.FOOD & DRUGS(FDA)
EUROPEAN MEDICINS AGENCY
(EMA)
 electronic Medicines Compendium
(eMC)
G-I-N

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る