twitter Instagram
ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体

配合目的 ph調整剤、ビタミン類、マスキング剤、酸化防止剤、皮膚コンディショニング剤
対応するお悩み 美白、日焼け、シワ・たるみ、ハリ・弾力

ビタミンC誘導体は、ビタミンCよりも安定が良く皮膚への浸透が良いものが開発されています。今一番注目されているものが『パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)』(アプレシエ)です。

ビタミンCは、とても繊細な成分で、光にも弱く熱にも弱い性質を持ち、冷所や遮光で保管をしたりと、何かと気を使います。保管状態が悪いと簡単にビタミンCの効果である『抗酸化作用』、『メラニン生成抑制作用』、『コラーゲン産生作用』なども落ちてしまいますので、現在、熱や光に強く、保管しやすく、効果も落ちにくいビタミンCが開発されています。それがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体とは1種類ではなく、たくさんの種類があり、光りや熱に強いだけでなく、水っぽいビタミンC誘導体や脂っぽいビタミンC誘導体など、化粧品への混ざりやすさなども考慮して改良されています。これらのビタミンC誘導体は、肌にのせたり飲んだりすると、ビタミンCの壊れやすさを保護している部分が外れてビタミンCとして働き、抗酸化作用、メラニン生成抑制作用、コラーゲン産生作用を示します。

ちなみに、ビタミンCは別名アスコルビン酸といいます。『アスコルビン酸○○』や『○○アスコルビル』と記載されているものは、基本的にビタミンCとして働きます。

水に溶けやすく、安定したビタミンC誘導体の『アスコルビン酸リン酸エステルナトリウム』、『アスコルビン酸硫酸エステル二ナトリウム』 、『リン酸 アスコルビルマグネシウム』は、ビタミンCの壊れやすい部分にリン酸とマグネシウム、リン酸とナトリウムを付けたものです。水に溶けやすく、普通のビタミンCよりも安定で、保管もそこまで気を使いません。ただし油に溶けにくく、ただ塗るだけでは肌に馴染みにくく、普通のビタミンC同様にイオン導入などが必要というデメリットがあります。『アスコルビン酸2-グルコシド』も、ビタミンCの壊れやすい部分に糖質を付けたものでやはり安定し、水に溶けます。これも肌へ馴染みにくく、また糖が付いている関係で少しベタツキがあります。

油や肌に馴染みやすく、安定したビタミンC誘導体の『ジパルミチン酸アスコルビル』はビタミンCの壊れやすい部分にパルミチン酸と言う油に馴染む成分が付いています。さらに違う部分にももう一つパルミチン酸が付いていて、より肌へ馴染みやすくなっています。ただし、水には溶けにくく、また常温では固体で溶けがやや悪いという性質を持ちます。

『テトライソパルミチン酸アスコルビル』は 、別名『テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル』ともいい、油になじみのよいパルミチン酸が4個所もついており肌によくなじみます。常温でもオイル状なので使用しやすいのですが、肌できちんとパルミチン酸が外れてビタミンCとしての効果が出るのか?という疑問をもつ専門家もいます。

油や肌に馴染みやいビタミンC誘導体の『パルミチン酸アスコルビル』、『ステアリン酸アスコルビン』は肌への馴染みを考慮したものですが、やや安定性にかけるため(通常のビタミンCよりは安定している)、時間が経つとビタミンC同様にすこし黄色っぽく変色してしまいます。パルミチン酸アスコルビルは海外では『エステルC』という名前でよく美白関連の化粧品に含有されています。

水にも油・肌にもなじみやすく、安定した『パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)』は比較的新しいビタミンC誘導体です。水に溶けやすく、またパルミチン酸をつけ油にも溶け、肌に馴染みやすくなっており、ビタミンCの壊れやすい部分もリン酸で保護され安定しています。昭和電工が『アプレシエ』という商標で販売しており、現在注目されているビタミンC誘導体です。

また、いままで紹介したビタミンC誘導体は、肌にある『酵素』のおかげでビタミンC誘導体からビタミンCとなり効果を発揮しますので、効くまでにワンクッションあると考えられます。『3-o-エチルアスコルビン酸』というビタミンC誘導体は、肌の酵素によらず、そのままの状態でダイレクトにビタミンCとしての効果があることから『直接型ビタミンC誘導体』とも表現されています。肌になじみやすく安定性もあるため、APPSと同じく注目されよく使用されています。

監修者
薬剤師・二宮
薬剤師・二宮
現役薬剤師として調剤薬局に勤務。過去には漢方薬生薬認定薬剤師、漢方アドバイザーの資格を活かし漢方薬局でも勤務。現在は化粧品成分検定1級合格を活かし、薬用化粧品の成分を中心に解説を行う。美容や健康に役立つ商品を成分からアドバイスすることが得意。
最終更新日:

関連するお悩み・症状

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る