twitter Instagram
ミコナゾール

ミコナゾール

配合目的 その他

ミコナゾールは頭皮の湿疹や足の水虫、カンジダ、いんきんたむしなどに使われる抗真菌薬です。ドラッグストアで買える市販薬としても、病院からの処方箋薬としても販売されている成分です。近年は、頭皮の痒みが酷い方のシャンプー成分として注目されています。また、一見するとニキビのように見えるマラセチア毛包炎にも使用される成分です。

【ミコナゾールと脂漏性湿疹】
夏になると頭皮が無性にかゆくなったり、フケが増える方が増えます。この一つの原因が『マラセチアフルフル』というカビの一種による『脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)』だと考えられています。マラセチアフルフルは常在菌(じょうざいきん)と言う、私たちの誰もが持っているカビ菌です。このマラセチア菌が脂肪を分解するリパーゼを分泌し、私たちの頭皮やおでこなどにある皮脂を分解し、オレイン酸などを作り、それが皮膚の炎症を引き起こすと考えられています。このマラセチアフルフルに一番よく効くとされている抗真菌薬は『ケトコナゾール』です。しかし、このケトコナゾールは処方箋でしか買うことのできない成分です。そこで、マラセチアフルフルに対してケトコナゾールの次に有効と考えられている成分が『ミコナゾール』が市販のシャンプーやお薬、石けんに使用されています。(他には頭皮の湿疹用シャンプーには真菌に有効なオクトピロックスや、頭皮の炎症を緩和するグリチルリチン酸ジカリウムなどの成分が使われています。)

【ミコナゾール含有商品】
医薬部外品:ミコナゾール含有のシャンプー・リンス・石けん
市販薬  :ミコナゾール含有の水虫・いんきん・たむし・カンジダ用の軟膏・クリーム・液剤
頭皮の湿疹用には、現在は市販薬の塗布剤は販売されていません。医薬部外品のシャンプーやリンスにはミコナゾールが含有されたものがあります。

【脂漏性湿疹と皮脂】
脂漏性湿疹は、頭皮だけでなく小鼻や頬、おでこや眉、腋や首など、身体の脂が出やすい部分で起こります。女性よりも男性、冬場よりも夏場になり易い傾向があります。そもそも脂漏性湿疹は、マラセチア菌が持つリパーゼと言う酵素が皮脂を分解し、それが肌の刺激、炎症、痒みを引き起こすからと考えられています。医療用のミコナゾールは、頭皮はもちろんですが、お顔の脂っぽい部分で起こる湿疹にも使うことができます(癜風)。根本的には過剰な皮脂が減れば脂漏性湿疹も和らぎますので、冬場に症状が落ち着く方もいます。また、抗アンドロゲン作用のある医薬品やビタミンB2の内服で皮脂が減った結果、脂漏性湿疹が楽になることもあります。

また、マラセチアフルフルはニキビの様に赤くポツポツした湿疹(毛包炎)を背中や胸のあたりに生じさせることがあります。通常のニキビ治療では改善しない場合、マラセチアフルフルによる毛包炎の可能性もあります。ミコナゾールが配合された薬用せっけんはこのような毛包炎がある方や、脂漏性湿疹がある方におすすめされます。

監修者
薬剤師・二宮
薬剤師・二宮
薬剤師、漢方薬生薬認定薬剤師、漢方アドバイザーの資格を活かし、調剤薬局や漢方薬局での勤務経験から、医薬品や漢方薬を詳しくわかりやすく解説。現在は化粧品成分検定1級・化粧品成分上級スペシャリストとしても活動し、薬用化粧品の成分を中心に解説を行う。美容や健康に役立つ商品を成分からアドバイスすることが得意。
最終更新日:

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る