twitter Instagram
防風通聖散

防風通聖散

配合目的 その他

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)は、ダイエットで有名な漢方薬です。肥満と便秘がちである方が使うとお通じの出が良くなって、月単位ではありますが、お腹周りがすっきりとしてきます。

防風通聖散は18種類の和漢植物からなる漢方薬で、保険の効く処方箋のお薬としても、市販薬としても購入することができます。血流を改善する成分や代謝を上げる成分、ほてりやのぼせを改善する成分に、汗をかきやすくする成分などが配合されています。汗をかきやすくする成分が肌の代謝を改善して、蕁麻疹などの原因不明な湿疹が出やすい方の体質改善にも使われる漢方薬です。

防風通聖散の副作用としてよく言われのが下痢やお腹が張る、といった症状です。そもそも防風通聖散はお通じの出を良くする働きがありますので、快便快調な方のダイエットには向きません。防風通聖散はやや便が硬かったり、出にくかったりする方のダイエットに適しています。1日に2~3回程度の柔らかい便が出る程度がちょうどいいとされています。あまりにもお腹が緩くなる、水っぽい下痢が続くようでしたら量が多すぎる可能性がありますので、パッケージの裏をよく見て、2/3量、1/2量といった、量が少なめに作られている商品を選ぶようにしましょう。

処方箋でいただく防風通聖散は、ツムラの商品が有名ですが、乾燥エキス量を比較してみると、ツムラは4.5gですが『コタロー防風通聖散』は6.0g、『クラシエ防風通聖散エキス細粒』5.7g、『クラシエ防風通聖散エキス錠』5.5gと、ツムラの防風通聖散よりも多くの乾燥エキスが含有されています。ツムラでは効果が不十分だった方はこちらの方にシフトするのも一つの手です。また、市販薬の『ナイシトールZ』、『新・ロート防風通聖散錠満量』は、ともに乾燥エキス量が5.0gとツムラの防風通聖散よりも多くの量が含有されています。

(漢方薬は、お茶の味や風味が茶葉の品質によるのと一緒で、原料となる薬草の質に効果が影響されます。一概に乾燥エキス量が多いだけで効果の議論はできませんが、一つの目安になるかと思います。)

防風通聖散を飲むと、数日もたたずにお通じが改善されるのが分かります。体重やウエストサイズは早い方で1ヶ月程度で感じられます。体質改善として3か月や6か月を目安に長く飲み続けましょう。ある程度すっきりしてきたら、1/2や1/3程度の量を年単位で継続している方もいます。まれに漢方薬が合わず肝機能が悪化する方がいらっしゃいますので、病院で定期的に血液検査をしてもらいながら継続しましょう。

監修者
薬剤師・二宮
薬剤師・二宮
現役薬剤師として調剤薬局に勤務。過去には漢方薬生薬認定薬剤師、漢方アドバイザーの資格を活かし漢方薬局でも勤務。現在は化粧品成分検定1級合格を活かし、薬用化粧品の成分を中心に解説を行う。美容や健康に役立つ商品を成分からアドバイスすることが得意。
最終更新日:

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る