twitter Instagram
オルリスタット

オルリスタット

別名 Alli、Xenical
配合目的 その他

オルリスタットとは

食事由来の脂肪の吸収を抑える有効成分です。

Alli(アリ)、Xenical(ゼニカル)という、日本ではまだ発売されていない肥満症のお薬に含まれています。

オルリスタットの効果・働き

食べ物由来の脂肪(中性脂肪)を身体の中に吸収させないという働き(リパーゼという酵素の阻害)があります。

普段からお肉や揚げ物などの脂肪の多い食べ物をとっている方に向いています。

Alliはオルリスタットが60mg含まれ市販薬としてアメリカの薬局などで誰でも購入できますが、Xenicalはオルリスタットが120mg含まれており、アメリカの病院などで処方箋が必要です。

このお薬は飲み始めて2週間以内に体重減少が始まり、6~12か月ほど継続します。
臨床試験ではAlliの方は6か月で2.3~4.5kgほど、Xenicalは6か月で5.6kgほど、12か月で6.1kgほど減少しました。

有効成分量の多いXenicalの方が体重減少の可能性が高いことが分かります。

オルリスタットを含む製品

Alliは2007年にグラクソスミスクラインから、Xenicalは1999年にロシュから販売されました。どちらも1日3回、食事中か食後1時間以内に飲むようにします。

Xenicalは食事由来の脂肪を30%カットすることができ、そのカットした脂肪は吸収されずに便と共に出ますので、便がやや柔らかくなる可能性があります。

Xenicalを1年間続けた結果、総コレステロール2%減、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)4%減、HDLコレステロール(善玉コレステロール)9.3%増、TG(中性脂肪)1.34%増という結果があります。

このお薬は、食べ物の中性脂肪が吸収されない働きがあるのですが、血液検査結果では1年後に少しではありますが中性脂肪の値が上がる可能性があるので、その点を踏まえて飲むようにしましょう。

オルリスタットの豆知識

AlliやXenicalを飲むことで、ビタミンA、D、E、βカロテンといった脂溶性ビタミンの吸収が悪くなります。
服用中は、寝る前にこれらの成分が含まれたマルチビタミン剤を飲むことが勧められています。

現在は、このような脂肪分解酵素を抑えて脂肪を吸収させないお薬は日本にはありません。

日本では食欲を抑えるマジンドール(サノレックス)という商品が唯一、肥満症の治療薬として医療用医薬品にあります。

最終更新日:

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る