twitter Instagram
dl-カンフル

dl-カンフル

配合目的 マスキング剤、可塑剤、香料・香味料等、変性剤、防腐剤

dl-カンフルは、薬用のリップクリームやヘアトニックなどに含まれているスーッとした清涼感のある成分で、やや独特なにおいがあります。消炎効果、清涼感、痒み止め、痛み止め、血管拡張作用があり、医薬品としても使用される成分です。洋服用の防虫剤、マニュキアの材料にもまります。

カンフルは、植物のクスノキに含まれている成分で、別名を『樟脳(しょうのう)』といいます。6世紀にアラビアで製法が発明されたとされています。日本でも1500年ほどから使用されている使用経験の長い成分です。

【効果とメカニズム】
カンフルは塗布することで皮膚に局所的に刺激を与え、皮膚内へ浸透し、血管を拡張させ、神経反射を呼び、痛み止め、痒み止めとして働きます。

【医薬品の用途】
清涼感、消炎、痒み止めの効果から、痒み止めの塗り薬や湿布によく含まれています。清涼感のあるl-メントール、消炎効果のあるイソプロピルメチルフェノール、サリチル酸、痒み止めの効果があるジフェンヒドラミン、クロタミトンなどと、よく一緒に使用されています。

監修者
薬剤師・二宮
薬剤師・二宮
現役薬剤師として調剤薬局に勤務。過去には漢方薬生薬認定薬剤師、漢方アドバイザーの資格を活かし漢方薬局でも勤務。現在は化粧品成分検定1級・化粧品成分上級スペシャリストとしても活動し、薬用化粧品の成分を中心に解説を行う。美容や健康に役立つ商品を成分からアドバイスすることが得意。
最終更新日:

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る