twitter Instagram
有色パール剤

有色パール剤

配合目的 その他

雲母チタンの表面の白色の二酸化チタンを処理し、一部を黒色酸化チタンとすることで、光の干渉作用によって外観色と干渉色が得られる新しい有色パール剤です。
従来の雲母チタンは黒色の下地の上では美しいパール色を示しますが、白色の下地の上ではパール色を示さないという欠点がありました。
有色パール剤は、あらゆる下地の上でも美しいパール色を示し、従来用いられてきた酸化鉄、紺青、カルミンなどで着色したパール剤と比べ、光、熱、薬品に対する耐性も優れています。

最終更新日:

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る