twitter Instagram
HOME「スキンケア」の記事一覧【薬剤師解説】ヒルドイドとは?同じ成分が配合された市販商品ってあるの?

【薬剤師解説】ヒルドイドとは?同じ成分が配合された市販商品ってあるの?

皮膚科領域の保湿成分としてよく知られている「ヒルドイド」。一時期ネット上でも話題となりました。

そんな保湿成分のヒルドイドは市販に売っていないのでしょうか?今回は、ヒルドイドの成分や効果、そして入手方法ついて紹介します。

医療・薬学ライター
おむら りょう
おむら りょう
医療ライターとして薬機法に関わる執筆および監修を担当。読者が間違った知識や誤解を招く情報を取り入れないよう、記事やコラムに向き合い監修している。

現在は、薬剤師で薬局業務をする傍ら、IT業界にも飛び込んでおり、医療ライターをはじめ、WEBディレクター、そしてエンジニアと様々な角度から今後の医療を支えようと日々経験を積んでいる。

そもそもヒルドイドとは?

ヒルドイド ヘパリン 保湿 画像

Liruu編集部
そもそもヒルドイドとは何でしょうか?

おむら
ヒルドイドとは医療用医薬品の商品名です。この成分名が「ヘパリン類似物質」といいます。これらについて深掘りしていきましょう。

効果

ヒルドイドには様々な効果があります。お薬の説明書(医療用医薬品添付文書)を見ると、

血栓性静脈炎(痔核を含む)、血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患(注射後の硬結並びに疼痛)、凍瘡、肥厚性瘢痕・ケロイドの治療と予防、進行性指掌角皮症、皮脂欠乏症、外傷(打撲、捻挫、挫傷)後の腫脹・血腫・腱鞘炎・筋肉痛・関節炎、筋性斜頸(乳児期)

などたくさん書いてあります。ただ、色々難しい言葉が多く、何に効くかわかりづらいですよね。

おむら
簡単に説明しますと、ヒルドイドには保湿作用があり、手のカサカサや乾燥、手荒れ、やけど、しもやけ、筋肉痛に効果があります。

また、ウサギにおいて血行促進作用が見られたとの報告もあるため、滞っている血流を改善する作用があります。

入手方法

上記の効能効果に該当する症状がある場合、治療としてクリニックにてヒルドイドが処方されることがあります。この場合、適応症状によるヒルドイドの処方のため保険が適応されます。

※それ以外(美容目的など)の使用は保険が適応せず、処方できないのでご注意ください。

配合成分

おむら
ヒルドイドは「ヘパリン類似物質」を主成分として含有しています。

また、医療用医薬品のヒルドイドには4種の基剤の異なる製品があり、クリームタイプ、ソフト軟膏タイプ、ローションタイプ、フォームタイプに分類されます。

ヒルドイドクリーム
ヒルドイドクリームは肌につけた際、伸びのよいクリーム剤(水分を多く含んだ油分で作られた乳剤性基剤)です。添加剤は以下の成分を配合しています。

グリセリン、ステアリン酸、水酸化カリウム、白色ワセリンラノリンアルコール、セトステアリルアルコールセトステアリルアルコール・セトステアリル硫酸ナトリウム混合物、ミリスチルアルコール、パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸プロピル、イソプロパノール

ヒルドイドソフト軟膏
ヒルドイドソフト軟膏は、伸びがよく覆いかぶさる作用を有するクリーム剤(油分を多く含んだ水分で作られた乳剤性基剤)です。添加剤は以下の成分を配合しています。

グリセリンスクワラン、軽質流動パラフィンセレシン、白色ワセリン、サラシミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、ジブチルヒドロキシトルエン、エデト酸ナトリウム水和物、パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸プロピル

ヒルドイドローション
ヒルドイドローションは伸びがよく、広範囲の患部に塗りやすいローション剤(水分を多く含んだ油分で作られた乳剤性基剤)です。添加剤は以下の成分を配合しています。

グリセリン、白色ワセリン、スクワラン、セタノール、還元ラノリン、セトマクロゴール1000、モノステアリン酸グリセリン、パラオキシ安息香酸エチル、パラオキシ安息香酸プロピル、カルボキシビニルポリマー、ジイソプロパノールアミン

ヒルドイドフォーム
ヒルドイドフォームは伸びがよく、広範囲の患部に素早く塗ることができるフォーム剤(泡タイプ)です。添加剤は以下の成分を配合しています。

グリセリン、マクロゴール、ポリソルベート65、ポリオキシエチレンベヘニルエーテル、パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸プロピル、pH調節剤、LPガス(噴射剤として)

これらの基剤に含まれるグリセリン、白色ワセリンは保湿作用があります。マクロゴールには保湿剤や外用剤の安定化剤、ポリソルベートは油分と水分を混ぜるための乳化剤として使用されます。

また、パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸エチル、パラオキシ安息香酸プロピルは、これらを総称すると「パラベン」であり、防腐剤として使用されています。

ヘパリン類似物質とは?

ヒルドイド ヘパリン 保湿 画像

Liruu編集部
実は「ヒルドイド」っていう成分があるのかと思ってました…ヘパリン類似物質って何ですか?

おむら
確かに成分名みたいですね。それではまず「ヘパリン」について見ていきましょうか。

「ヘパリン」って何?

 ヘパリンは血液が固まる反応を阻止する成分です。主にヘパリンナトリウム含有の注射剤として医薬品で使用します。血栓塞栓症を予防する薬剤としてだけでなく、人工透析の際の血液が固まるのを防止する目的にも使われます。

主な効果

ヘパリン類似物質は、ヘパリンナトリウムと少し構造が変わっており、主な効果も異なります。ヘパリンナトリウムのナトリウムの部分の構造が水酸基、硫酸基、カルボキシル基に置き換えられています。

これらの構造は水分子を引き抜く作用があり、外部の水分を吸収して皮膚の角質層に引き寄せる働きがあります。それにより、ヘパリン類似物質に持続的な保湿効果があると考えられています。

副作用

ヘパリン類似物質の副作用は、皮膚の刺激感や塗った後に皮膚が赤くなったり、痒くなったりすることがあります。ただ、これらの副作用の発現率は稀ですので、保湿剤として使いやすい成分でしょう(ヒルドイドクリーム調べ)。

ただし、塗ってはならない場所があります。皮膚がジクジクになっている部分(びらん)や潰瘍になっている部分には、塗らないようにしましょう。また、目に入らないようにしてください。

配合商品は市販で買える?処方箋はいらない?

ヘパリン類似物質の配合商品を市販で購入することができます。市販の製品のため処方箋なしに購入することができます。

配合商品には、医薬品もしくは医薬部外品に該当する商品があります。

ヘパリン類似物質配合の商品は?

Liruu編集部
ヘパリン類似物質配合の商品は色々あります。そのため、今回はLiruu編集部の選定にて一部紹介します。

ロート製薬 ヘパソフト薬用 顔ローション

価格(税抜) 1,377円
内容量 100g
有効成分 ヘパリン類似物質、グリチルリチン酸ジカリウムアラントイン
添加物 無着色・無香料

おすすめポイント

Liruu編集部
有効成分3種類をワセリンベースで配合している商品です。特にヘパソフトは、高乳化技術により保湿性があるのにベタつかないという、ワセリンの油脂性基剤特有のデメリットを解消した乳液製品です。

製薬メーカーとして有名なロート製薬が商品化しているヘパリン類似物質配合の乳液ローションです。

アラントインも配合されており、グリチルリチン酸ジカリウムと同様に抗炎症作用があります。

 

 

コジット ヒルセリンローション

 

価格(税抜) 1,480円
内容量 100mL
有効成分 ヘパリン類似物質、グリチルリチン酸ジカリウム
添加物 無着色・無香料

おすすめポイント

Liruu編集部
「ヒルセリンローション」はヘパリン類似物質の保湿作用に加え、肌あれや乾燥による炎症を防ぐグリチルリチン酸ジカリウムを配合した乳液です!

 

有効成分ヘパリン類似物質の保湿作用に加え、ベール機能油脂成分のスクワラン、乾燥に強いホスホリルコリン、保湿作用のヒアルロン酸の3種の成分が保湿を補助してくれます。また、ポンプ式で使いやすい点もポイントです。

 

 

NALC 薬用ヘパリンミルクローション

 

商品情報

価格(税抜) 3,164円
内容量 200mL
有効成分 ヘパリン類似物質、グリチルリチン酸ジカリウム
添加物 無香料・無着色

薬用ヘパリンミルクローションの特徴

Liruu編集部
伸びの良い乳液タイプのヘパリン類似物質配合商品です。200mlとたっぷり使用できる大容量で、さらに顔・からだに使用可能な点もポイントです!

有効成分ヘパリン類似物質の保湿作用に加え、スクワラン、ホスホリルコリン、ヒアルロン酸の3種の成分が保湿を補助してくれます。香料、着色料だけでなくアルコール、鉱物油フリーであるところも嬉しいですね。

 

 

まとめ

ヒルドイドと同じ有効成分の製品が、医薬部外品として販売されています。「ヘパリン類似物質」という表記を必ず確認してから購入しましょう。

また、医薬部外品の場合、ヘパリン類似物質以外に他の有効成分を配合していることがあり、それによる予防効果も期待できます。

ぜひ、成分や添加物を確認してから購入を検討してみてください。

 

※監修者は成分の監修のみを行っており、商品の選定は全てLiruu編集部で行っております。

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る