twitter Instagram
HOME「スキンケア」の記事一覧【徹底解説】ビタミンC誘導体の効果は?ビタミンCとの違い・副作用は?

【徹底解説】ビタミンC誘導体の効果は?ビタミンCとの違い・副作用は?

ビタミンC誘導体 効果 副作用

ビタミンC誘導体』というワードはドラックストアや薬局、CMなどで見かけることが多いかと思います。サプリメントになっていたり、化粧水としてなど、さまざまな形で売られていますよね。

「肌にいいんだろうな」「美白できそう」というようなイメージがありますが、実際の効果や副作用についてはご存知ですか? 使う上での注意点もありますので、興味のある方は是非こちらの記事を読んでから試してみてください!

監修者
にしたんクリニック渋谷院院長 白鳥昌利
にしたんクリニック渋谷院院長 白鳥昌利
美容クリニック『にしたんクリニック』渋谷院院長。社会医療法人社団大成会 長汐病院 外科局長や多摩あおきばクリニック院長などの経歴をもつ。2020年4月よりにしたんクリニック渋谷院院長に就任。

ビタミンC誘導体ってそもそも何?

ビタミンCとの違いビタミンC誘導体とビタミンC、実は効果はほとんど同じ

抗酸化作用メラニンの生成を抑制することで美白効果があります。また、コラーゲンの生成を高めてくれるので、シワやたるみを改善しハリを与えてくれる効果のある物質です。

しかし、ビタミンCは安定性が悪く、光や熱、酸素により徐々にその効果を失ってしまったり、肌への吸収も悪いのです。また口から摂取しても体内にためておくことができないので、過剰な分は尿として排泄されてしまいます。

それらの欠点を補うために『ビタミンC誘導体』という安定性や持続性を持たせたビタミンCが出来ました。

誘導体にすることで生体内外でも安定し、生体内への吸収率も上がります。原料が比較的安く、プチプラな美白化粧品でも配合されています。美容皮膚科でもビタミンC誘導体の化粧水が使われていますね。

ビタミンC誘導体の効果とは?

ビタミンC ビタミンC誘導体 効果
ビタミンC、ビタミンC誘導体の効果は大きく分けて4つ。

ビタミンC・ビタミンC誘導体の効果

1. コラーゲン産生促進
2. メラニン産生抑制、既存メラニンの色素還元
3. 抗酸化作用
4. ニキビ

コラーゲン産生促進について

人間は、ビタミンCを体の中で作り出すことはできないので、外から摂取する必要があります。ビタミンCを食事などから摂取することで、肌の真皮層でコラーゲンを作り出し、ハリや潤いを保ち、しわやたるみが起きないようにしてくれます。

また、血管や骨の健康にもコラーゲンはとても大切で、ビタミンCが足りないと傷が治りにくくなったり、骨がもろくなってしまうことがあります。マウスの実験では、ビタミンCの不足が老化を早め、寿命をも短くしてしまう結果が報告されています。

メラニン産生抑制、既存メラニンの色素還元について

褐色のシミである『メラニン』は、もともとは無色の『チロシン』という物質が紫外線や炎症、刺激など様々な反応を起こして褐色のシミであるメラニンへ変身していきます。

ビタミンCは、褐色のシミが作られる過程において、『ドーパ』という物質から『ドーパキノン』という物質になる反応を抑えることで褐色のシミが作られるのを防ぎます。さらに、すでにできてしまったシミを薄くする働きも見られています。

抗酸化作用について

コラーゲン産生促進、メラニン産生抑制に通じる部分がありますが、私たちは、紫外線やタバコ、過度のストレス、運動不足、バランスの悪い食事などによって「酸化ストレス」という肌のみならず体にとって有害な反応を起こします。

お肌ではシミやシワ、たるみといったトラブルに繋がります。ビタミンCなどの抗酸化作用のある成分はそれらの進行を抑える働きがあります。

ニキビについて

ビタミンCを塗ることで、その抗酸化作用がニキビの炎症性皮疹と、炎症後の紅斑に効果が期待されています。ニキビのガイドラインでもC1*ではありますが推奨されています。

とくに報告があるのはテトラへキシルデカン酸アスコルビルとL-アスコルビン酸-2-リン酸ナトリウムですが、他のビタミンC誘導体も期待されています。

ニキビ治療のガイドラインに記載はありませんが、病院ではビタミンCの内服薬が処方されています。炎症後の色素沈着の抑制効果があるので、ニキビの炎症を跡に残さないようにするためです。

つまりニキビにはビタミンCを塗ってよし、飲んでよし! という感じです。

*日本皮膚科学会ガイドライン.尋常性痤瘡治療ガイドライン 2017……ニキビ治療にはガイドラインがA,B,Cと推奨度が決まっています。推奨度AやBのアイテムは皮膚科で処方される医薬品が当てはまります

日焼けや小じわ毛穴の黒ずみが気になる人におすすめ。また、コラーゲン産生促進作用がありますので、シワにも効果が期待できます。

ただ、メラニンの生成を抑制するとはいえ、ほくろは消せません。ビタミンC誘導体はシミをゆっくりと薄くする働きをしてくれます。

白鳥先生
上記以外にも免疫力向上の効果があります。

皮膚に限定すると皮脂の過剰分泌抑制、乾燥肌の予防、肌の保湿力促進などがあります。

ビタミンC誘導体の種類と違い

ビタミンC誘導体 種類 違い
「化粧品の全成分表示で『ビタミンC誘導体』なんて文字を見たことがない」という方もいるのではないでしょうか? 実は、ビタミンC誘導体にはたくさん種類があり、それぞれの名前で記載されています。

ビタミンC誘導体は3つに分類される

ビタミンCは、『アスコルビン酸』と呼ばれる有機化合物です。

ビタミンC誘導体は大きく以下の3つに分類されます。

ビタミンC誘導体の種類3つ

・水溶性ビタミンC誘導体
・脂溶性ビタミンC誘導体
・両親媒性(新型)ビタミンC誘導体C

アスコルビン酸(ビタミンC)の種類について、さらに詳しく見てみましょう。

ビタミンC誘導体の名称

水溶性ビタミンC誘導体

水溶性は漢字の通り水に溶けやすいため、ローションタイプの化粧水や美容液に用いられます。

水溶性ビタミンC誘導体の特徴としては即効性があり、短期間で皮膚に吸収されてビタミンC本来の効果が期待できます。

元々壊れやすく吸収率も低いビタミンCを、リン酸と結合させることにより皮膚への吸収率を高めて効果を持続させ、ビタミンC本来の特性を生かせる状態に改良したものです。

また、皮脂分泌のコントロールや肌をなめらかにする作用など、ざらざら肌・オイリー肌・にきび肌から大人の肌ケアにも効果が期待されます。

しかし皮脂の分泌を抑える作用によって敏感肌の人は乾燥しやすくなったり、刺激を与えてしまうこともあるようなので、特に乾燥肌、敏感肌、炎症のある肌の方は使用に際して注意が必要です。


脂溶性ビタミンC誘導体

脂溶性ビタミンC誘導体は、本来水溶性であるビタミンCに油分を結合させて脂溶性にすることで、エマルション状態においても配合可能としたビタミンC誘導体です。

油に溶けやすい性質をもつもので、クリームやジェルなどに配合しやすいビタミンC誘導体です。

脂溶性ビタミンC誘導体は、肌への刺激が少なく真皮まで浸透するために、メラニンの生成を抑制し排出を助け、細胞を活性化させて新陳代謝を促進する効果が期待されます。

特に敏感肌・乾燥肌の方や、大人のトラブル肌の改善に有効なビタミンC誘導体です。

水溶性に比べて即効性はありませんが、水溶性ビタミンC誘導体よりも皮脂膜や角質層への吸収率が高いという性質があります。

高い濃度でも刺激が少なく安定性にも優れているなどの特徴も持っています。また効果の持続性も水溶性ビタミンC誘導体に比べて高いようです。

保湿性も高く肌を乾燥から守る効果も期待できます。


両親媒性(新型)ビタミンC誘導体

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na』、別名『アプレシエ』『APPS』とも呼ばれているこのビタミンC誘導体は、リン酸型ビタミンC誘導体にパルミチン酸を付加し親油性を獲得した一番新しいビタミンC誘導体です。

安定したビタミンC誘導体として定番のリン酸型ビタミンC誘導体を、さらに機能性の高いビタミンCを目指して開発されたのが、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Naです。

従来のリン酸型ビタミンC誘導体では、イオン導入をしないと真皮まで十分にビタミンCを届けることができませんでしたが、このパルミチン酸アルコルビルリン酸は塗るだけで真皮まで到達できます。

塗るだけで真皮まで浸透するパルミチン酸アスコルビルリン酸は真皮でビタミンCに活性化し、コラーゲン合成で重要な役割を果たします。

また真皮まで入り効果を発揮するということはしみやしわに対して直接アプローチすることが可能になるのです。

そのため、肌への刺激や乾燥も軽減され、長期間使用することで肌にハリを与えるエイジングケア効果も期待されています。

水溶性ビタミンC誘導体のメリットである即効性と、脂溶性ビタミンC誘導体のメリットである真皮への浸透力をあわせ持ったビタミンC誘導体ということで今注目されています。

なぜこんなにいろんな種類があるの?

ビタミンC誘導体の効果
アスコルビン酸(ビタミンC)そのものはお肌への浸透が良くありませんので、より浸透性を考慮した『リン酸エステル型の誘導体』や、持続性に優れた『配糖体型の誘導体』を含む製品を、各社オリジナルに研究し配合しています。

さらに、
・オイリー肌に向くローションタイプの水溶性ビタミンC誘導体
・乾燥肌や敏感肌に向くクリーム・ジェルタイプの脂溶性ビタミンC誘導体
があります。

そして即効性と持続性を兼ね備えたビタミンC誘導体も商品化されています。

購入者それぞれが自分にあった商品を見つけられ、より良い商品を購入者に提供できるよう、企業が開発を進めています。

そのため、アスコルビン酸誘導体と言えども何種類もあるというわけです。

ビタミンC誘導体の効果に優劣はあるの?

浸透性に優れている・持続性に優れているなどの違いはありますが、トータルの効果での優劣はつけ難いと言えるでしょう。

どれが良いというよりも自分の肌に合ったものを選ぶのが最適です。

白鳥先生
塗り薬のような経皮的投与や、点滴のような静脈を通じて内側からの投与があります。どちらの方法でもビタミンCを補充してあげることは、皮膚には効果的と考えられます。

若年者はどちらにしてもじわじわと効いてくる一方、30代以降の方は経皮的治療に即効性が現れると思います。個々の肌状況にもよるのでクリニックにて相談される方が良いと思います!

ただ最近はビタミンC誘導体の中でも酵素の働きを必要とせずダイレクトに効果を発揮する『3-o-エチルアスコルビン酸』が高頻度で使用されています。

水溶性ビタミンC誘導体と脂溶性ビタミンC誘導体のメリットを掛け合わせた『パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na』も使い勝手の良さではかなり注目されています。

ビタミンC誘導体のメカニズム

ビタミンC,ビタミンC誘導体ビタミンC誘導体は、壊れにくくするために効き目にもロックがかかっています。そのため、お肌に乗った後ビタミンCに戻る必要があるのです。

種類にもよりますが、リン酸がついたビタミンC誘導体はお肌にある『ホスファターゼ』という酵素によって分解されてビタミンCになり効果を発揮します。

メカニズムはビタミンC誘導体の種類によって3つに大別されます。それぞれのメカニズムについて見てみましょう!

1. リン酸基が外れる

ビタミンC,ビタミンC誘導体イメージでは、ビタミンC(別名:アスコルビン酸)にリン酸が結合していることで効き目がロックされている状態です。

リン酸とアスコルビン酸が結合している部位が、肌の中にあるホスファターゼという酵素によってアスコルビン酸とリン酸に分解されることで、アスコルビン酸のロックが解除され、抗酸化作用、メラニン生成抑制などの効果を発揮します。

2. アスコルビン酸2-グルコシドの場合

ビタミンC誘導体,ビタミンC『アスコルビン酸2-グルコシド』はビタミンC(アスコルビン酸)にグルコースが1分子付いた構造をしています。

ビタミンC(アスコルビン酸)は単独だと2位の水酸基がとても反応性が高く、壊れやすい構造をしていますが、このように2位の水酸基が結合している(α-グルコシド結合)ことで安定性を保っています。

この構造から生体内にあるαグルコシダーゼという酵素によりビタミンC(アスコルビン酸)とグルコースに分かれ、ビタミンCの効果が発揮するというメカニズムです。

3. 3-o-エチルアスコルビン酸の場合

ビタミンC,ビタミンC誘導体
『3-o-エチルアスコルビン酸』については、酵素反応を必要とせず、肌の奥まで浸透し、効果を発揮するため即効性があります。

また、ビタミンC含有率も高いため、少量で効果を発揮できます。そのため比較的安価で効果を期待できるのです。

そして3-o-エチルアスコルビン酸72時間かけてビタミンCに変換され代謝されるので持続時間がとても長いのも特徴です。

「肌の中にある酵素がアスコルビン酸と保護基(働きをロックしていたリン酸やグルコースなど)に分解してようやく効果を発揮する」と説明しましたが、このひと手間がなくなる、ということです。

ビタミンC誘導体に関するQ&A

ビタミンC誘導体 効果 副作用

ビタミンC/ビタミンC誘導体を摂取することで、目に見えて分かる肌の変化はある?

白鳥先生
目に見える変化は年齢や疲労具合によります。また、投与方法による違いもあります。経皮的投与つまり塗り薬などは比較的早期に効果が現れ、点滴などはじわじわと効果が現れてきます。

30代以降は早期に変化があります。例えば点滴などでは翌日から化粧の乗りが良くなったり、疲労の回復具合が違うなどがあります。

経皮的ビタミンCの吸収でもしわ、たるみの改善を認め、シミに対してはハイドロキノンとの併用で高い効果を認めているとの報告もあります。

副作用はある?

ビタミンCもビタミンC誘導体も推奨濃度の範囲内であれば、基本的にはお肌に問題なく使用できます。もしもサプリメントでビタミンCを飲むのであれば1日に3g程度までがおすすめ。大量に服用すると下痢をする恐れがあります。

白鳥先生
一般的な製品は適切な濃度(10〜20%)なので副作用はないと思われます。ですが、肌の状態により発赤など副作用が出る可能性もあります。

濃度が10〜20%を超えて濃くなると、皮膚への刺激が強くなり炎症の原因にも。推奨濃度を超えたものは、基本的には吸収されず、炎症反応を起こすからです。

ただ、ものによっては濃度が高いものでも徐々に吸収されるようにしているものもあります。推奨濃度を超えたものは基本的に吸収されず、炎症反応を起こすものと思われます。

飲み薬やサプリに使われるビタミンC誘導体の効果は?

お肌に直接塗ることで効果が発揮するビタミンC誘導体が多いようですが、飲み薬やサプリメントでビタミンC誘導体が使われることも。

『アスコルビン酸グルコシド』という、ビタミンCとブドウ糖がくっついたビタミンC誘導体はサプリメントでも使用されます。効果はビタミンCと同じで抗酸化作用、コラーゲン産生抑制、メラニンの生成抑制、既存メラニン色素の還元作用、そのほか様々な生理作用の活性が期待できます。

白鳥先生
ちなみに塗り薬は局所へ、内服は全身へと用途が違います。内服は全身への作用なので、効果が出るまでに時間がかかります。

塗り薬の経皮吸収での効果は、大きさと付加物によります。例えばリン酸と結合させると、経皮からの吸収が高まります。

いずれにせよ、定期的なビタミンCの補給が効果を上げます。

ビタミンC誘導体は敏感肌に使用しても大丈夫?

ビタミンC誘導体の効果
ビタミンC誘導体は敏感肌にも使用できます。敏感肌さんでさらに美白したい方はトラネキサム酸もおすすめします。

同時に使用しても特に問題はなく、「日焼け」、「敏感肌」、「肝斑」といったキーワードが気になる方は一緒に使用してみるといいでしょう。

ビタミンC誘導体は高濃度の方が効果は高い?

ビタミンC自体、濃度依存的に効果が高いことが知られています。同じようにしてビタミンC誘導体も高濃度の方が効果が高いでしょう。

ちなみに、より高濃度のビタミンC誘導体の化粧品を求めて”手作り”するよりも、既製品のビタミンC誘導体入りの化粧品を使用後にイオン導入するのがおすすめ

白鳥先生
イオン導入がおすすめな理由を説明します。

まず本来皮膚はバリア機能があり、基本的には物質を皮膚の内側(角質層)には吸収はしません。

ビタミンC誘導体は、ビタミンCよりも安定していて吸収されやすいのですが、そこでイオン導入をするとイオン化し、更に吸収効率が上がります。電気的エネルギーにより汗腺を通じてビタミンCが皮膚に移行しやすくなります。

ビタミンC誘導体でイオン導入をおこなうときは、マイナスで導入しましょう。ちなみに、トラネキサム酸を使用する場合は、プラスで導入してください。なお、お肌にピリピリとした刺激を感じるかもしれませんので気をつけましょう。

ビタミンC誘導体を使った後に、ほかの美白化粧品を使用してもいい?

ビタミンC誘導体を使用した後に、別の美白スキンケアを使用しても問題ありません。

そもそもビタミンC誘導体とアルブチン、ビタミンC誘導体とハイドロキノンなど混ざった商品が多く販売されています。

ただ一つ注意点として、ビタミンC誘導体やコウジ酸プラセンタエキスなど、様々な美白成分で白斑の報告が少数ながらもあることは事実です。なにかきになる点があれば、医師に相談しましょう。

まとめ

透明感のある健やかなお肌へ導く、ビタミンC誘導体。化粧水から美容液まで、たくさんの化粧品に含まれてますので、お気軽にスキンケアに導入してみましょう!

文/m.sugiyama

参照
・宇山侊男ほか.『化粧品成分ガイド 第6版
・鈴木一成ほか.『化粧品成分用語事典2012
・宮地良樹ほか.『美容皮膚科学
・光井武夫.『新化粧品学.美白用薬剤
・朝田康夫. 『美容の医学 美容皮膚科学辞典』 
・株式会社メディカルレビュー社.『Bella Pelle vol.2 No.1
・古川福実ほか.『Q&Aで学ぶ 美容皮膚科ハンドブック
・スキンケア研究所.ハイドロキノンの正しい知識
・cantabria labc HELIOCARE.HELIOCARE 360º
・株式会社林原.アスコルビン酸2-グルコシドとは
・純正化学株式会社.3-O-エチルアスコルビン酸のご紹介
・厚生労働省.医薬部外品・化粧品による白斑等の副作用に関する対策について

関連するお悩み・症状

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る