twitter Instagram
ビタミンP

ビタミンP

別名 モノグルコシルヘスペリジン、ヘスペリジン、バイオフラボノイド
配合目的 エモリエント剤、ビタミン類

別名『ヘスペリジン』と呼ばれるこの成分は、私たちに身近な柑橘類、ミカンやレモン、ゆずなどに含まれる成分です。
近年コレステロールや中性脂肪、血流、血管、骨代謝回転、抗酸化作用との関係が研究されています。サプリメントとして内服したり、リップクリームに配合されたりしている成分です。ちなみに、厳密にはビタミンではなくビタミン様物質に分類されます。

ビタミンPは、ミカンなどのかんきつ類において、皮と果肉の間にある、白くふわふわした中果皮に多く含まれる成分で、日本でも古来から『陳皮(ちんぴ)』という漢方薬の成分として使用されてきました。柑橘類の様な味、においなどもなく、無味無臭の成分です。日本では栄養強化の目的で食品に添加することができます。欧州においては正常な血流を維持する働きがあることから、馬の血管系の病気に、体重1kgあたり0.5~1.0mgの量で経口投与されます。また、私たち健常人が健康維持の目的に用いることができる、ともあります。以上から私たちがサプリメントとして摂取しても安全性が高いと考えられます。

ビタミンPそれ自体に中性脂肪や血流改善などが研究で明らかになっていますが、近年ではさらに身体への吸収率を考慮した、溶けのよい『α‐グルコシルヘスペリジン』という成分が開発され、機能性表示食品として22ほどの商品が販売されています。
たとえば養命酒製造株式会社『手足ぽかぽかゆず生姜』やファンケル『健脂サポート』などです。中性脂肪を下げる働きから脂質代謝が気になる方に、また、末梢血管の循環を維持する働きから末端冷え性などの方向けに販売されています。研究段階では近年、抗酸化作用を持つことから今後のがん治療や炎症性疾患に、骨のカルシウム濃度が上昇し破骨が抑えられたことから骨粗鬆症などの病気に対し、薬の種となる可能性を秘めています。

また、サプリメント以外に外面美容でも注目されています。末梢血管の循環が良くなるため、唇のくすみ、血色不良がある方はこの成分が含有されているリップクリームを使用してみるのも一つの手です。たとえば資生堂のベネフィアンス『フルコレクション リップトリートメント』、ベネフィーク『リップトリートメント』などに配合されています。

サプリメントや機能性表示食品を試すのもいいですし、また、普段から柑橘類を食べる際には白い部分も少し意識して食べると良いでしょう。

監修者
薬剤師・二宮
薬剤師・二宮
現役薬剤師として調剤薬局に勤務。過去には漢方薬生薬認定薬剤師、漢方アドバイザーの資格を活かし漢方薬局でも勤務。現在は化粧品成分検定1級合格を活かし、薬用化粧品の成分を中心に解説を行う。美容や健康に役立つ商品を成分からアドバイスすることが得意。
最終更新日:

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る