twitter Instagram
ピロクトンオラミン

ピロクトンオラミン

配合目的 防腐剤

ピロクトンオラミンはオクトピロックスという名称でClariant社より発売されている頭皮のフケを抑える成分です。脂漏性湿疹などによる頭皮のかゆみ・フケを抑える医薬部外品の薬用シャンプーやリンスに配合されています。(最近では防腐剤としても認められているため、薬用ではない化粧品に配合されることもあります。)1979年にドイツのSchwarzkopf-Henkeによって合成されました。

頭皮の湿疹用シャンプーにおいて、ピロクトンオラミン以外には、頭皮のかゆみに対して抗真菌作用のある『ミコナゾール』や『ジンクピリチオン』、炎症を抑える働きのある『グリチルリチン酸ジカリウム』、殺菌作用のある『イソプロピルメチルフェノール』、角質を柔らかくする働きを持つ『イオウ』などを配合した薬用シャンプーが一般的に使用されています。

【ピロクトンオラミンのメカニズム】
頭皮のフケの大きな要因にマラセチア属の真菌(カビの一種)が関与しています。ピロクトンオラミンにはマラセチアに効く抗真菌作用があるため、頭皮にできる真菌が成長するのを抑える働きがあり、その結果頭皮の湿疹を緩和します。真菌以外にも黄色ブドウ球菌や大腸菌といった微生物の発育を抑える働きがありますので、頭皮におできができやすい方にも出適しています。

【ピロクトンオラミンの効果】
ピロクトンオラミンを0.75%含有したシャンプーを42日間(6週間)使用したところ、フケが最初の状態と比べて約55%減少したと、Clariant社から報告されています。

監修者
薬剤師・二宮
薬剤師・二宮
現役薬剤師として調剤薬局に勤務。過去には漢方薬生薬認定薬剤師、漢方アドバイザーの資格を活かし漢方薬局でも勤務。現在は化粧品成分検定1級合格を活かし、薬用化粧品の成分を中心に解説を行う。美容や健康に役立つ商品を成分からアドバイスすることが得意。
最終更新日:

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る