twitter Instagram

サフラン

別名 サフランエキス
配合目的 植物由来成分

アヤメ科植物であるサフランの花柱枝、柱頭から抽出されたエキスが化粧品に使用されます。
カロチノイド配糖体のクロシンや苦味成分のピクロクロシン、クロセチンを含んでおり、消炎効果、血行促進効果、皮膚細胞の活性化が期待されています。
主にエイジングケアを目的とした化粧品に配合されています。
また、食用としてもスペイン料理によく使われています。

最終更新日:

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る