twitter Instagram
難消化性デキストリン

難消化性デキストリン

配合目的 その他、植物由来成分

難消化デキストリンとは、トウモロコシなどのデンプンから作られた食物繊維の一種で、現在、様々な効果から特定保健用食品(トクホ)、機能性表示食品の成分として注目されています。

難消化性デキストリンの働きは大きく5つに分けられます。

1.お腹の調子を整える
これは、私たちが難消化性デキストリンを直接身体に吸収して働くのではなく、腸内細菌が難消化性デキストリンをエサにすることで排便回数を増やしたり排便量を増やしたりすることができます。

2.糖の吸収を穏やかにする
糖質は食後に腸から消化吸収されますが、難消化性デキストリンがあることで糖の消化吸収が邪魔され、時間をかけて吸収されるようになります。パンや甘いお菓子など炭水化物や糖質を多く食べる方は、血糖値が上昇しやすく膵臓をはじめ身体に負担をかけてしまいますので、難消化性デキストリンなどの繊維質を積極的にとることが望ましいですね。

3.食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて排出を増加させる
難消化性デキストリンは、脂肪が吸収される段階で必要となる酵素の一種、リパーゼの邪魔をし、脂肪の吸収を抑え便への排泄を促進します。

4.内臓脂肪の低減
血中のコレステロール値、中性脂肪値が低下し内臓脂肪が減少しているという報告があります。

5.ミネラルの吸収促進
動物実験ではカルシウム、鉄、亜鉛、マグネシウムの吸収が増加し、女子大生を対象にした試験ではヘモグロビン値が増加しました。

難消化性デキストリンの安全性は高く、アメリカでは1日服用量の上限値が定められていないくらい安全です。しかし摂取しすぎるとお腹が緩くなる可能性があります。

難消化性デキストリンは、食事と一緒に摂取することで上記の働きが得られると考えられます。食事中のお茶として、また、食事の直前にサプリメントとして服用するのがおすすめです。

どんなサプリメントからダイエットをはじめていいのかわからない方は、まずはここから初めて見てはいかがでしょうか。



監修者
薬剤師・二宮
薬剤師・二宮
現役薬剤師として調剤薬局に勤務。過去には漢方薬生薬認定薬剤師、漢方アドバイザーの資格を活かし漢方薬局でも勤務。現在は化粧品成分検定1級合格を活かし、薬用化粧品の成分を中心に解説を行う。美容や健康に役立つ商品を成分からアドバイスすることが得意。
最終更新日:

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る