twitter Instagram
HOME美容成分一覧アラントイン

アラントイン

配合目的 皮膚コンディショニング剤、皮膚保護剤、保湿剤
対応するお悩み 乾燥、ニキビ

アラントインとは

比較的昔からある成分アラントインは、主に傷の治りをはやくする働きがあります。

肌が荒れやすい、傷の治りが遅い、赤みやガサツキが改善されにくい方におすすめの成分です。

アラントインの効果・働き

アラントインが肌荒れや傷に効くメカニズムの一つに『皮膚線維芽細胞(ひふせんいがさいぼう)』の増殖があります。

皮膚線維芽細胞とは、皮膚のコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの水分保持作用の強い繊維質を作り出し、健康でハリのある皮膚には欠かせない細胞で、アラントインはそれを増殖させる働きがあります。

コラーゲンやヒアルロン酸の増殖は皮膚のたるみやシワに大きく関係してきますので、近年の美容皮膚科ではこの皮膚線維芽細胞をいかに増殖させるか、という試みが盛んにおこなわれています。
中には、皮膚線維芽細胞を増殖させる因子である『FGF』を直接注射する美容皮膚科もあります。

またアラントインは新しい血管ができるように働き、新しい皮膚の肉芽や表皮再生を促してくれます。

アラントインを含む製品

シャンプーやハンドクリームなど荒れ肌用の医薬部外品の化粧品や乳液、日焼け止めやパック、薬用せっけん、にきび・肌荒れ・傷・床ずれなどの塗り薬、痔の坐薬、結膜炎の目薬、洗眼薬など幅広く使用されます。

荒れ肌用やにきび用製品の成分を見てみると、本当に多くの製品にアラントインが含有されていることが分かります。

抗菌薬や抗炎症薬、かゆみ止めの成分と一緒に使用されることが多く、似た働きの『パンテノール』や、抗炎症作用のある『グリチルリチン酸』などと一緒に配合されていることがよくあります。

アラントインの豆知識

アラントインとは化学的に一から合成されたものではなく、自然界で1912年に発見、抽出された成分です。

古くはヨーロッパの農民が傷薬の民間療法として『ヒレハリ草』を用いており、ヒレハリ草の地下に伸びる茎から抽出された液体を直接傷にのせて治療してきました。その抽出液にアラントインが含まれていたことが後に発見されます。

また、植物以外にもなんと、『うじ虫』の分泌する液体の中にもこのアラントインという成分が含まれています。

戦時中の薬の足りない時代に、傷の上にうじ虫を直接のせるというシーンを映画などで見たことがある方もいるかもしれません。腐った組織を食べてくれるほか、うじ虫の出す分泌物に傷を治すアラントインが含有されていたからなのです。

監修者
薬剤師・二宮
薬剤師・二宮
薬剤師、漢方薬生薬認定薬剤師、漢方アドバイザーの資格を活かし、調剤薬局や漢方薬局での勤務経験から、医薬品や漢方薬を詳しくわかりやすく解説。現在は化粧品成分検定1級・化粧品成分上級スペシャリストとしても活動し、薬用化粧品の成分を中心に解説を行う。美容や健康に役立つ商品を成分からアドバイスすることが得意。
最終更新日:

関連するお悩み・症状

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る