twitter Instagram
t-フラバノン

t-フラバノン

別名 トランス-3,4'-ジメチル-3-ヒドロキシフラバノン
配合目的 育毛・養毛剤
対応するお悩み 薄毛(育毛)

t-フラバノンは花王の『サクセス』や『セグレタ』に配合されている医薬部外品の育毛剤成分です。別名をトランス-3,4’-ジメチル-3-ヒドロキシフラバノンと言います。男女の薄毛に有効な成分で、毛母細胞を増殖させ、太く抜けにくい髪を育てます。『男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版』では『行ってもよい』という推奨度『C1』という評価を受けていますので、積極的なAGAの第一選択肢というよりは、予防的に使用したり、他の成分との相乗効果を狙って使用する方が良いでしょう。

【作用機序】
t-フラバノンが薄毛に効くメカニズムは、医薬品のザガーロ(デュタステリド)やプロペシア(フィナステリド)、リアップ(ミノキシジル)とは異なりますのでこれらと一緒に使用しても問題ありません。現在、毛髪の成長サイクルには大きく二つのタイプの信号があることが分かっています。一つは毛髪の成長に必要な信号、そしてもう一つは毛髪の成長を抑制する信号です。毛髪の成長に必要な信号にはBMP、WNT、SHH、HGF、IGF-1、KGF(FGF-7)、VEGF、GDNFなどが、毛髪の成長を抑制する信号にはDKK‐1、TGF-β、FGF5、proNGF、NGF、テストステロン、ジヒドロテストステロン、ビタミンD3などが分かっています。t-フラバノンは、毛髪の成長を抑える信号の一つ、『TGF‐β』が働くのを抑制する効果があり、その結果、毛髪の成長を手伝います。

花王は、このt-フラバノンを西洋オトギリソウという植物に含まれる育毛成分アスチルビンをもとに合成しました。カシュウやセンブリなどの薬草成分も古くから育毛に良いとされていますが、まだ詳細は不明で今後の研究に期待されます。

現在、医薬部外品の薄毛に有効な成分は、t-フラバノンの他にサイトプリン、ペンタデカン、アデノシンがあります。どれも働き方が異なりますので一緒に使うことができます。

監修者
薬剤師・二宮
薬剤師・二宮
現役薬剤師として調剤薬局に勤務。過去には漢方薬生薬認定薬剤師、漢方アドバイザーの資格を活かし漢方薬局でも勤務。現在は化粧品成分検定1級・化粧品成分上級スペシャリストとしても活動し、薬用化粧品の成分を中心に解説を行う。美容や健康に役立つ商品を成分からアドバイスすることが得意。
最終更新日:

関連するお悩み・症状

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る