twitter Instagram
ヒノキチオール

ヒノキチオール

別名 β-ツヤプリシン
配合目的 ヘアコンディショニング剤、抗菌剤、香料・香味料等、帯電防止剤、皮膚コンディショニング剤、防腐剤
対応するお悩み ニキビ、薄毛(育毛)、オーラルケア

名前のごとく檜(ヒノキ)に含まれている成分で、育毛・発毛剤、頭皮のかゆみを抑える商品、ニキビ用化粧品、あれ肌用化粧品、歯槽膿漏や歯肉炎用の商品によく含まれています。
近年は、チロシナーゼ阻害作用にも注目され、将来的な美白化粧品成分としても注目されいます。ヒノキの油は伝統的にもヒバ油、ヒノキ油などと呼ばれ古くから抗炎症作用や抗菌作用に注目されてきました。
ヒノキ油にはヒノキチオールが含まれていますが、ヒノキ水にはヒノキチオールは含まれずテルピネン-4-オールという成分がメインで含まれています。ヒノキチオールの方は医薬品の成分にもなりえますので、より効果を期待する際はヒノキ水よりもヒノキ油やヒノキチオールという表示を確認しましょう。

【ヒノキチオールと発毛・育毛】
ヒノキチオールには毛根賦活作用があることが分かっており、現在、市販の育毛・発毛剤である『カロヤン』シリーズや、医薬部外品の育毛・発毛剤『スカルプD ボーテ メディカルエストロジー スカルプセラム』などに有効成分の一つとして含有されています。男性型脱毛に限らず、女性にも使えることから、女性用の育毛・発毛剤にも含有されていることが特徴です。ただし『男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版』にはヒノキチオールの評価はありません。脱毛に単独で使用するのではなく、ほかの有効成分と一緒に使われることが多い成分です。

【ヒノキチオールの抗炎症・抗菌作用】
ヒノキチオールには化膿や炎症の原因となる細菌や水虫の様な真菌の増殖を抑える働きがるので、ニキビ、あれ肌、水虫、たむし、頭皮の湿疹・炎症、歯槽膿漏、歯肉炎などを抑える商品に配合されています。炎症を抑える働きがある『グリチルリチン酸』と一緒に配合されていることが多いです。

【ヒノキチオールと美白】
今現在はまだヒノキチオールが有効成分である美白化粧品はありません。研究段階ではヒノキチオールにチロシナーゼ阻害活性があることが分かりました。チロシナーゼの活性中心にある銅イオンとキレートして阻害する働きと考えられていましたが(非競合阻害)、どうやらそうではなく働きを阻害(競合阻害)する働きもあると報告されています。ヒノキチオールは別名β‐ツヤプリシンといいますが、これとよく似たγ‐ツヤプリシンという成分がよりチロシナーゼの阻害作用が強く、今後の商品化に期待されます。

監修者
薬剤師・二宮
薬剤師・二宮
現役薬剤師として調剤薬局に勤務。過去には漢方薬生薬認定薬剤師、漢方アドバイザーの資格を活かし漢方薬局でも勤務。現在は化粧品成分検定1級合格を活かし、薬用化粧品の成分を中心に解説を行う。美容や健康に役立つ商品を成分からアドバイスすることが得意。
最終更新日:

関連するお悩み・症状

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る