twitter Instagram
HOME美容成分一覧パントテン酸誘導体

パントテン酸誘導体

別名 パンテノール、パントテン酸カルシウム、パントテニルエチルエーテル、アセチルパントテニルエチル
配合目的 ビタミン類、ヘアコンディショニング剤、育毛・養毛剤、帯電防止剤、皮膚コンディショニング剤、保湿剤
対応するお悩み ゆらぎ肌、薄毛(育毛)、オーラルケア

パントテン酸誘導体とは

パントテン酸(別名:ビタミンB5)の誘導体には、水に溶けやすい『パントテン酸カルシウム』、『パンテノール』、油に溶けやすい『パントテニルエチルエーテル』などがあります。

化粧品やシャンプーへの配合のしやすさや安定性を考えて、パントテン酸ではなく誘導体が使用されています。

パントテン酸誘導体の効果・働き

主に肌や髪の健康のために使われますが、近年はターンオーバーを整えるはたらきから美白成分としても使用できるのでは、と期待されています。

パントテン酸誘導体を含む製品

そもそもパントテン酸の不足は急性・慢性の湿疹や、接触性皮膚炎、口内炎などの皮膚トラブルなどに関係しています。
また、パントテン酸は白髪予防にも注目されています。

食品にもパントテン酸は含まれており、レバーや酵母、卵黄、豆類などに多く存在します。
安全性も非常に高いので食品やサプリメントからはじめやすい成分です。

監修者
薬剤師・二宮
薬剤師・二宮
薬剤師、漢方薬生薬認定薬剤師、漢方アドバイザーの資格を活かし、調剤薬局や漢方薬局での勤務経験から、医薬品や漢方薬を詳しくわかりやすく解説。現在は化粧品成分検定1級・化粧品成分上級スペシャリストとしても活動し、薬用化粧品の成分を中心に解説を行う。美容や健康に役立つ商品を成分からアドバイスすることが得意。
最終更新日:

関連するお悩み・症状

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る