twitter Instagram
HOME美容成分一覧スクワラン

スクワラン

別名 スクアラン
配合目的 エモリエント剤、リファッティング剤、皮膚コンディショニング剤、保湿剤、油剤
対応するお悩み 乾燥、シワ・たるみ、ハリ・弾力

スクワランとは

とても伸びが良く、ベタつきにくいオイル状の成分です。
刺激が少なくアトピー性皮膚炎の方にも使用できる、との報告もあります。

スクワランとスクワレンの違い

よく似た名前の『スクワレン』としばしば混同されてしまいますが、別の成分です。
スクワレンを水素添加した硬化油がスクワランです。

私たちの肌にはスクワレンが皮脂として存在しますが、紫外線やストレスなどで酸化されてしまうと肌荒れ、肌老化につながってしまいます。

そこでスクワレンよりも酸化しにくく、熱にも安定した成分、スクワランが上質な保湿化粧品、石鹸などに使用されています。

スクワランの効果・働き

アレルゲンなどの異物が入り込まないようにお肌を保護したり、水分蒸発を防いだりする効果が期待ができます。
ワセリンや各種植物油や馬油などに比べてベタつかず、さっぱりとした使い心地です。

セラミドやアミノ酸などが含有された化粧水などを使用して潤いを与えてから、最後に蓋をするように使用するのがおすすめです。

スクワランの小ジワ改善効果

一部のスクワラン商品は『乾燥によるしわを目立たなくする』と表記され、小ジワに対する効能評価試験済みとなっています。

スクワランを含有した化粧品を目尻に浅いしわのある方に2週間以上塗布して、目視でしわ改善を評価する試験方法をパスすると、上記の表記ができるようになります。

スクワランの豆知識

スクワランは単体でも使用できますし、また、他の成分と混ぜて使用することもできます。
また、スクワランは医薬品の添加物としても使用できる成分です。

スクワランの歴史

スクワランは歴史の長い成分で、1923年に、日本人の辻本満丸博士によって初めて作られました。
辻本満丸博士は、化学遺産第093号に認定されるほど日本の油脂化学に貢献した人物です。

スクワランの生成

スクワランの原料であるスクワレンは鮫の肝油や大豆、オリーブ、米、ベニバナ、綿花、米から摂れますが、植物に含まれているスクワレンの量は少なく、多くは鮫の肝油から作られています。

これらの天然物から摂れたスクワレンを材料にスクワランができあがるのですが、この時に天然物に含まれる不純物を取り除くことが大切です。
ですのでスクワランの化粧品に、99.9%などといった記載がされていることがあります。

たとえば鮫に含まれるプリスタンという不純物は皮膚刺激になるとの報告もあり、現在は植物由来のオリーブスクワランなどが注目されています。

また、現在は工業的にも合成がされています。

最終更新日:

関連するお悩み・症状

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る