twitter Instagram
HOME「スキンケア」の記事一覧WGSNにまなぶ環境問題と美容~地球に優しいクリーンな化粧品原料とは~

WGSNにまなぶ環境問題と美容~地球に優しいクリーンな化粧品原料とは~

近年化粧品には、若年層を中心に「地球と身体に優しい仕様」が求められるようになりました。

果たして美容業界は、どう環境問題と向き合っていくのでしょうか?

fumi
今回はビューティートレンドの情報源WGSNのセミナーにて『クリーンな化粧品原料』のお話をお伺いしました。美容業界の環境問題に対する施策を、ご紹介していきます。

セミナー概要

セミナー概要

グローバル 注目原料トレンド~「クリーン」な原料~

今回参加したこちらのセミナーは、2020年1月化粧品開発展(幕張メッセで美容業界者向けに開催される化粧品専門展)で開催されました。

美容業界の開発をサポートするWGSNが、環境問題に影響する化粧品原料をどう改善していくか、講演されました。

WGSNとは?

WGSNとはロンドン発のビューティートレンドの総合情報源になります。

消費者動向やエキスパートの知見、トレンド分析など、美容業界や化粧品開発に役立つ様々な情報を発信しています。日本化粧品業界で圧倒的な支持を得ています。

今、消費者が求める美容

今、消費者が求める美容

『化粧品成分』の知識が豊富な消費者が、増えてきているとのことです。成分にこだわる消費者のなかには、若年層を中心に「地球と身体に優しいクリーンな成分」を求める傾向が広がっています。

Mafumi
クリーンな成分を求める理由として、活性物質や有害物質による健康被害を懸念する美容消費者が増えているようです。当たり前のように使ってる化粧品ですが…身体や環境に対する成分の影響が気になってきますね。

地球にやさしい化粧品を作る世界の取り組み

地球にやさしい化粧品を作る世界の取り組み

現在業界では、環境問題の一因となる化粧品原料を、より安全でクリーンなものに改良する施策が進んでます。

パーム油→ラボ育ちの代替品に

固形石鹸やスキンケアで使用されるパーム油

150か国で使用されているというパーム油は、森林伐採の理由の8%に挙げられています。二酸化素放出の原因となり、環境破壊の一因として考えられています。

そんなパーム油に代わる、持続可能なラボ育ちの代替品(自生しているものでなく、ラボで作られた成分)を開発。自然の森林の伐採を減少させ、環境を守ります。

アボベンゾン→カシューナッツの殻に

日焼け止めに使用されるアボベンゾンは、海洋生物や人に有害だと言われています。こちらを紫外線防止力が示されている天然成分・カシューナッツの殻に切り替えます。

持続性の高いサンケア製品として、南アフリカで特許を出願中です。

シリコン→天然ツクマバターへ

ヘアコンディショニング剤で頻発されるシリコン。人によって頭皮に合わないという意見を、よく聞きます。

こちらを100%天然のツクマバターに置き換える施策が勧めらています。ツクマバターは健康に良いと言われる多価不飽和脂肪酸が含まれ、軽く伸びの良いテクスチャーで肌に馴染みます。

グリッター→バイオグリッターへ

ラメコスメで有名なグリッターですが、最終的にマイクロプラスチックとして海に流れ、海洋生物の脅威となっています。

プラスチックを含まないバイオグリッターに代替えする施策が、世界中で勧められています。

ミツロウ→ビーガンワックスへ

スキンケアでよく使用される保湿成分、ミツロウ。抽出のために女王バチの羽はしばしば切断され、昆虫福祉の観点から問題視されています。

こちらを動物由来の誘導体を含まないビーガンワックスに代替えすることで、消費者に意識の高さをアピール。様々な化粧品に使用できて、製品のテクスチャーをリッチにできます。

まとめ

地球も消費者も安心できる施策が、世界中で進んでいるようです。

環境や身体のことを考えた化粧品が、今後どんどん展開していくと思うと楽しみですね。

文/島田 史

参照
WGSN Beauty
化粧品成分オンライン

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る