twitter Instagram
グルクロン酸

グルクロン酸

配合目的 ph調整剤、キレート剤、保湿剤
対応するお悩み 乾燥

コンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸などの構成成分として知られている、代表的なウロン酸と呼ばれる成分です。
ヒトの身体にも存在し、グルクロン酸抱合とよばれるシステムで、毒性のある物質を排泄する際にも活躍しています。

最終更新日:

関連するお悩み・症状

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る