twitter Instagram
カモミラET

カモミラET

別名 カモミールエキス
配合目的 美白剤
対応するお悩み 美白

この成分は、トラネキサム酸やアルテアエキス、ジユエキスなどに似た美白有効成分です。花王は1999年に西洋ハーブで有名なカモミールからとれるエキス『カモミラET』を美白有効成分の医薬部外品として承認を受けました。シミができる初期段階で働きます。

カモミラETはカモミール(和名ではカミツレ)のエキスです。カモミール自体は安眠やリラックス、胃腸の機能改善、抗菌作用のハーブティーとして使用されています。かわいらしい黄色く小さな花からは、ほんのりと優しい香りが漂います。欧州では家庭薬の位置づけで、お茶として飲むだけでなく体に塗布してかゆみ止めとしても使用されています。花王はこのカモミールのエキスに、他の美白有効成分とは異なる美白の作用機序を発見しました。

【効果とメカニズム】
現在、美白効果のある薬用美白成分には、シミを生産する細胞を破壊するハイドロキノンや、シミの生産性を弱めたりするアルブチン、しみのできた肌のターンオーバーを早めるトレチノインなどがありますが、カモミラETはこれらとは異なり『シミを作る指令の信号』(エンドセリン)を抑える働きがあります。

私たちの体は紫外線にあたった時に肌を早く治すべく、様々な信号を作り出します。そしてその信号をもとに皮膚は修復に取り掛かり、身体の遺伝子がこれ以上壊れてしまわないようにメラニンという紫外線が身体の奥に入っていかないようにするための防御物質を作り出します。この時にだされる信号の一つがエンドセリンです。カモミラETは、そのエンドセリンの働きを抑制します。ケラチノサイトという細胞がこのエンドセリンという信号を作り出し、しみの生産工場である『メラノサイト』に伝え、メラニンを作るように促すのですが、カモミラETによってシミ産生における初期段階の一部が抑えられます。ちなみにシミの信号を抑える働きがある成分は他にもトラネキサム酸、トラネキサム酸セチル塩酸塩、クララエキスなどがあります。

カモミラETはもとからある古いシミというよりも、紫外線などの刺激を受けて未来にできてしまうであろうシミを予防するために、日常的に使用していくといいと考えられます。また、夏など紫外線の強い時期は特に意識して使用して頂きたいシミ予防、美白有効成分と考えれられます。はやく出来ているシミを剥がしたいときはケミカルピーリングやトレチノインなどを選びましょう。

ちなみにまだ研段階ではありますが、カモミールのエキスでお肌のコラーゲン産生を促進する可能性が示唆されています。また、アトピー性皮膚炎の改善が見られたことから詳しいメカニズムが研究されている段階です。

監修者
薬剤師・二宮
薬剤師・二宮
現役薬剤師として調剤薬局に勤務。過去には漢方薬生薬認定薬剤師、漢方アドバイザーの資格を活かし漢方薬局でも勤務。現在は化粧品成分検定1級合格を活かし、薬用化粧品の成分を中心に解説を行う。美容や健康に役立つ商品を成分からアドバイスすることが得意。
最終更新日:

関連するお悩み・症状

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る