twitter Instagram
ステアリン酸バチル

ステアリン酸バチル

配合目的 エモリエント剤、皮膚コンディショニング剤、油剤
対応するお悩み 乾燥

淡黄色をしたロウ状の物質で、ステアリン酸とバチルアルコールとのモノエステルです。
バチルアルコールがエステル化され「アルキル基」が導入されているので、油に溶け、融点も低い特性を持ちます。
バチルアルコール同様に保湿性、感触改良、乳化の安定化の性質を持ち、メイクアップ化粧品や基礎化粧品に使用されています。

最終更新日:

関連するお悩み・症状

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る