twitter Instagram
美白に効果がある定番プチプラ成分3選

美白に効果がある定番プチプラ成分3選

美白おすすめ成分

美白したいって思っても、高い化粧品から安い化粧品まであって、まずは何から始めて良いのか迷いますよね。今回は、美白ビギナーさんでも始めやすいプチプラでも手に入る美白成分を三種類ご紹介します。

美白成分① ビタミンC誘導体

1000円程度の美白化粧品から高級な美白化粧品にも使われている成分が、このビタミンC誘導体です。有名な美白化粧水、『メラノCC』にも、このビタミンC誘導体が含まれていますね。ビタミンC誘導体は、ビタミンCよりも安定して美白効果が得られるように工夫されています。

ビタミンC誘導体にはいろんな種類がありますが、現坐剤は『3-O-エチルアスコルビン酸』というビタミンC誘導体がよく使われています。化粧品の裏に書いてある全成分表示をチェックしてて、『○○アスコルビン酸』といった表示があればビタミンC誘導体が含まれていることが分かりますね。

出来てしまったシミを薄くしたり、シミができる段階を『還元』という働きで防ぎます。ちなみにビタミンCは飲んでも美白に効果的です。

 

美白成分② アルブチン

アルブチンはちふれの『綾花ホワイトニングローション』などに使用されている美白成分です。植物のコケモモなどに含まれている成分です。もともとは資生堂の特許成分でしたが、特許が切れたために今では多くの美白化粧品に使われています。

ビタミンC誘導体とは異なり、シミを作る時に大切な酵素、『チロシナーゼ』の邪魔をすることで美白効果を発揮します。

 

美白成分③ トラネキサム酸

資生堂の『トランシーノ』シリーズに配合されていますね。もともとは風邪薬などの医薬品成分として使用されていた成分ですが、『肝斑』などのしみに有効なことが分かり、現在は薬用化粧品に広く使われています。

化粧水や乳液だけでなく、パウダーにもこのトラネキサム酸が配合されていることがあるのが面白いですね。

トラネキサム酸が美白に効くメカニズムは『プラスミン』という物質が放出されるのを防ぐことでシミ作りの指令が抑えられると考えられており、ビタミンC誘導体ともアルブチンとも異なります。ビタミンC同様に、飲んでも効く成分です。

まとめ

今回は三種類の美白成分をご紹介しました。

ビタミンC誘導体とアルブチン、ビタミンC誘導体とトラネキサム酸という具合に、一緒に配合されている化粧品も多く見かけますね。

美白をこれからスタートたいと言う方は、ぜひ、成分に着目して始めて見てくださいね。

薬剤師・二宮
薬剤師・二宮
現役薬剤師として調剤薬局に勤務。過去には漢方薬生薬認定薬剤師、漢方アドバイザーの資格を活かし漢方薬局でも勤務。現在は化粧品成分検定1級・化粧品成分上級スペシャリストとしても活動し、薬用化粧品の成分を中心に解説を行う。美容や健康に役立つ商品を成分からアドバイスすることが得意。
関連するお悩み・症状

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る