twitter Instagram
アセチルテトラペプチド-11

アセチルテトラペプチド-11

配合目的 皮膚コンディショニング剤
対応するお悩み ハリ・弾力

ロイシン、プロリン、チロシンの3種のアミノ酸で構成されたテトラペプチドと酢酸を反応させて得られる成分です。

ケラチノサイト(表皮角化細胞)の成長促進、コラーゲン産生促進などの機能を持っており、皮膚の弾力性やハリの改善、肌のキメを改善する効果が期待できます。
ケラチノサイトは表皮の大部分を占めている細胞です。表皮は異物の侵入や体の水分の蒸散を防ぐことで、内部を保護する役割を果たしています。

最終更新日:

同じ効果を持つ美容成分

関連するお悩み・症状

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る