twitter Instagram
HOME美容成分一覧フラーレン

フラーレン

配合目的 抗菌剤、酸化防止剤、皮膚コンディショニング剤
対応するお悩み 乾燥、ニキビ、毛穴、ハリ・弾力

フラーレンとは

現在は医薬部外品の有効成分としてまだ承認されていませんが、フラーレンのもつ強力な抗酸化作用に大きな注目が集まっています。

フラーレンの効果・働き

美白、抗シワ、ニキビ改善、保湿、毛穴改善、赤み改善、ケアケア・スカルプケアに効果が期待されています。

フラーレンを含む製品

フラーレンの化粧品への応用はまだ新しく、ビタミンCバイオリサーチ株式会社という日本の会社が、化粧品原料として2005年に『ラジカルスポンジ』という商品名で発売しました。

その後も『リポフラーレン』、『モイストフラーレン』、『ヴェールフラーレン』、『サンガードフラーレン』、『フラヴィ』、『ヘアシャイニーフラーレン』など、フラーレンが溶けているベースとなる溶媒を変えてテクスチャーを変えたものがあり、日焼け止めや化粧水など用途によって使い分けられるように作られています。
それぞれにマークがあり、化粧品にこのマークがついていると一つの信頼材料になります。

フラーレンの豆知識

非常に小さく、直径およそ1nmという1mmの1,000,000分の1の大きさで、形は六角形と五角形から構成されたサッカーボールとほぼ同じ球体です。
炭素というダイヤモンドや鉛筆の芯と同じ原料から作られており、フラーレンそのものは黒いパウダーのため、フラーレン含有の化粧品が茶色いような褐色を帯びていることがあります。

現在はほかの有効成分と一緒に使われていることが多く、陰ながらほかの成分のサポートになるように配合されています。
フラーレンは中にほかの成分を入れることも可能ですし、ほかの成分をくっつけることもできるため、今後はさらに応用された化粧品原料になるかもしれません。

最終更新日:

関連するお悩み・症状

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る