twitter Instagram
L-ピロリドンカルボン酸ラウリル

L-ピロリドンカルボン酸ラウリル

別名 PCAラウリル
配合目的 界面活性剤、皮膚コンディショニング剤、保湿剤
対応するお悩み 乾燥

ラウリルアルコールとピロリドンカルボン酸をエステル結合させた、油に溶ける性質のL-ピロリドンカルボン酸誘導体です。
皮膚や毛髪に対する持続的な保湿効果や、アクネ菌などに対する抗菌効果が期待され、スキンケア製品に使用されています。
水にも油にもなじむ性質を持つため、界面活性剤としても使用されています。

最終更新日:

関連するお悩み・症状

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る