twitter Instagram
アスタキサンチン

アスタキサンチン

配合目的 酸化防止剤、着色剤、皮膚コンディショニング剤、その他
対応するお悩み 美白、乾燥、シワ・たるみ

アスタキサンチンはかなり高い抗酸化作用を持つ成分です。あざやかな橙を帯びた赤い色のアスタキサンチンは、現在、機能性食品としてのサプリメントや、保湿・しわ対策化粧品などに含有されています。日本においては富士フィルムがアスタキサンチン研究の先駆け的存在で、富士フィルムの化粧品業界参入のきっかけにもなりました。『アスタリフト』シリーズの鮮やかな赤いパッケージはまさにアスタキサンチンカラーです。

アスタキサンチンは1938年にロブスターから発見された成分です。サケ、いくら、カニ、エビなどにも多く含まれています。古くから食品の発色を良くするために添加物として使用されてきましたが、近年、高い抗酸化作用があることが分かり、サプリメントや化粧品に使用されるようになりました。

【高い抗酸化作用】
肌が老化するとシミ、しわができ、肌の弾力もなくなってきます。この老化現象を促進する物質の一つが紫外線などによる肌の酸化で、目尻のチリメンやほうれい線、肌のカサツキなどができやすくなってしまいます。この酸化を防ぐべく多くの抗酸化作用のある化粧品やサプリメントが販売されています。下記の文献を参考にその抗酸化作用を比較すると、抗酸化力をビタミンCで1とするならば、ビタミンEは約50倍、リコピンで約1000倍、アスタキサンチンで約5000倍の差があり、群を抜いてアスタキサンチンが高い抗酸化作用を持つと分かります。
*参考文献

【効果と副作用】
このアスタキサンチンの内服と外用を両方行った文献によると、8週間の使用で目尻のチリメンの改善、肌の水分量の改善、肌の弾力性の改善が見られました。このアスタキサンチンは肌の角質層、真皮層、基底層のすべての層に効果的としている点も注目です。実際に肌の弾力が向上したメカニズムは、真皮層の酸化が防げることによるコラーゲン線維回復では、とされています。角質層の水分保持作用も改善する働きが見られ、今後アトピー性皮膚炎などの水分保持力が低い肌トラブルに応用されることも期待されています。現在は医薬部外品ではないため、一般的な化粧水やクリームなどの商品にアスタキサンチンが含まれています。

サプリメントとしては、肌のうるおいサポート、眼の機能サポート、抗酸化作用、睡眠の質向上、疲労軽減などといった機能性をうたって21の機能性食品が販売されています。1日当たりの摂取量は少ないものだと4mg、多いもので12mgとなっています。(H.30.01.26現在)また、可能性としては、抗酸化作用のあるコエンザイムQ10の内服で加齢臭が減少した研究があり、アスタキサンチン高い抗酸化作用があることから加齢臭の発生を抑えられる可能性も期待されています。その他にも高脂血症や糖尿病、抗炎症作用、血流改善作用、肩凝りの改善、ミトコンドリアの機能改善、アスリートの健康維持など可能性を秘め、大変注目されています。

安全性に関しても『悪影響が疑われない 』とされているので、安心してはじめられる成分と考えられます。

監修者
薬剤師・二宮
薬剤師・二宮
薬剤師、漢方薬生薬認定薬剤師、漢方アドバイザーの資格を活かし、調剤薬局や漢方薬局での勤務経験から、医薬品や漢方薬を詳しくわかりやすく解説。現在は化粧品成分検定1級・化粧品成分上級スペシャリストとしても活動し、薬用化粧品の成分を中心に解説を行う。美容や健康に役立つ商品を成分からアドバイスすることが得意。
最終更新日:

関連するお悩み・症状

Categories

カテゴリー
ページ上部へ戻る